このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

◆ 秋の気配 投稿者:紀州みかん  引用する 

かなり涼しくなってきました。
秋の気配ですね。

オオスズメバチ、私の所も多いです。
8月の末に、スズメバチガード付ける作業しましたが、
その段階で、既に1群乗っ取られてました(@@;

今年は、採蜜、まだ1回もやっていないので、
今日、2群採ろうと思います。

来週は、8チャンネルオフ会ですね。
私も久しぶりに参加しますので、
見かけたら声を掛けてくださいね!





2016/09/11(Sun) 09:53 [ No.16345 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:紀州みかん  引用する 

スズメバチガード(100円均一で売ってる、7mm角の鉢底メッシュです。)



2016/09/11(Sun) 09:54 [ No.16346 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:奈良すずめ  引用する 
紀州みかんさん、お久しぶりです。
今年の京都のオフ会は、久しぶりに参加しますよ。
こちらこそよろしくお願いいたします。

和歌山の蜜蜂さんは元気そうですね。
奈良はさんざんですよ。

実家の群は元気なのですが、こっちでは浪人中です。
駆除などの撤去依頼も少ないです。


2016/09/11(Sun) 11:12 [ No.16348 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:紀州みかん  引用する 
奈良すずめさん、こんにちは!

奈良の日本みつばち異変が有るのですね。
アカリンダニですか?

和歌山は今のところ順調ですが、
奈良や大阪で異変が起きてると良く聞きますので、
来年か再来年には同じ事が和歌山でも起きると思います。

なんか、辛いですね。。。

2016/09/11(Sun) 13:54 [ No.16349 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:いよかん  引用する 

紀州みかんさん

秋の気配とともにやって来るのが、招かざる客ですよね。
油断していて・・ 一つやられてしまいました。
この蜂、オオスズメバチではないような気がするのですが、どんなものでしょうか。

和歌山にはアカリンダニが入って行きませんね。
周辺では蔓延しているというのに、実に不思議です。
アカリンダニの感染力はものすごくて、一年で隣の県にうつって瞬く間に蔓延するのですが。。
このまま行ってくれるといいですね。



2016/09/11(Sun) 19:56 [ No.16350 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:霧島  引用する 
紀州みかんさん!いよかんさん!久しぶりです。
こちらは今年も例にもれず大スズメ、黄色スズメ蜂共活発です。

9月7日に霧島台の別荘に14回目のスズメ蜂駆除に出向きましたが、左ホホと右顎を刺され返り討ちに遭いました。
オトギリソウチンキで何とかしのげました。
ウ〜ン、久方ぶりの痛さ。。。

こちらの方では相変わらず蜂児捨ては収まらない上に日南の油津ではツマアカスズメ蜂の上陸が確認されております。

又、先日つくばの農研機構のTaro@LABさんより薩摩半島でもアカリンダニが検出されたとの報告が入っています。

日本蜜蜂愛好家にとって先行き不安な要素です。

2016/09/11(Sun) 21:44 [ No.16351 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
霧島さん
ひえー二発も!!敵も本丸警備隊は精鋭のようですね。
ツマアカは昨年北九州に上陸との報道がありましたが、もう鹿児島までとは。対馬でトラップの試験をしたりしていたようですがどうなったんでしょうね。
ところで、オオスズメの巣の逆探知の要領教えてください。私の想像では、
1)数匹を生け捕りにする
2)レジバッグでマーカー(追跡目印吹き流し)を用意する
3)マーカを付けて一匹目を離して追跡
4)見失ったらそこで二匹目を離して追跡
5)巣にたどり着くまで4)を繰り返す
かなと思っていますが・・・。
それから、マーカーの囮への取り付け方も。
よろしくお願いします。

2016/09/12(Mon) 09:39 [ No.16352 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:薩摩  引用する 

ひごもっこすさん初めまして *^-^*
クマ蜂(オオスズメバチ)の事はお任せあれ♪
霧島さんから連絡を受けました捕獲のDVDが有りますので
進呈しますが実演は注意して下さい、当方は熟練者揃いで
簡単に捕獲していますが初めての方はどうかと?
刺されても責任は負いかねます、くれぐれもご注意を。。。



2016/09/12(Mon) 11:32 [ No.16353 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:奈良すずめ  引用する 
薩摩さん、どうもです。
私も皆さんをご紹介したいと思いました。

ひごもっこすさん、私も数年前に参加させてもらいました。
山田養蜂所のKさんと一緒に、道具もお借りして♪

すがれの目印をつける作業は、スズメバチと視線を合わせながら
緊張する作業でしたが、やってみればなかなか面白かったです。
でも、巣を掘り起こす作業は腰が引けました。

2016/09/12(Mon) 18:08 [ No.16355 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
薩摩さん、奈良すずめさん
ご指南ご支援ありがとうございます。いきなり一人で昼間にはちょっと無謀とのそしりを受けかねませんので、段階を踏んで、夜襲をかけておいて、巣の掘り出しは翌日という手順で。まずはDVDでの予習から、着払いでお送りいただければ有り難いです。よろしくお願いします。
郵便番号860-0862
熊本市中央区黒髪4丁目9-1
宮崎 寛

2016/09/12(Mon) 19:57 [ No.16358 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:霧島  引用する 
このDVDは超ド迫力ながらも何故かほのぼのとした暖かさを感じる作品に仕上がっています。
バックに流れる音楽とテロップは最高です。
編集された薩摩さんの暖かい人間性が詰まっているように思います。

蜂王取隊隊長の大すずめ蜂への素面、素手でのコヨリの取り付けはまさに神業です。

すずめさん!
思い出しました。
山田養蜂所の技術者Kさんと、さつま町で捕獲した60センチ程の大すずめ蜂の巣房よりピンセットで幼虫を抜き取る作業が夜中の1時過ぎ迄かかったこと。
本社玄関のショウウインドウに展示すると言っておられましたがどうなっていますかね。




2016/09/13(Tue) 06:24 [ No.16360 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
霧島さん、薩摩さん、すずめさん
芸術性高きDVD教材楽しみです。

2016/09/13(Tue) 10:15 [ No.16361 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
薩摩さん、霧島さん、すずめさん
DVD拝見させていただき、薩摩軍団のオオスズメ討取り一部始終がつかめました。改めて御礼申し上げます。
まずは寄せ餌で集めて紙縒りを付ける練習から始めることにします。

2016/09/14(Wed) 22:04 [ No.16365 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:奈良すずめ  引用する 

>紙縒りを付ける練習

この作業はスリル満点です。
オオスズメ蜂はバッタの肉団子製造に夢中ですが、
時々こちらを睨み付けてきます。
その時は手を止めて静かにしていると
また肉団子製造に集中するようです。

でも、紙縒り付け作業を悠長にはできません。
肉団子作成の限られた時間内に終えなければなりませんから
結構焦ってしまいます。

10月のオフ会では時期的にはまだまだ大スズメバチが飛んでいる季節だとおもいますから、蜂王取隊さんメンバーの神業を拝見できるのではと思います。

私は合格点をいただきましたが、まだ二度目は遠慮しています。
だって、めっちゃ怖いんですから。



2016/09/15(Thu) 22:06 [ No.16366 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:薩摩  引用する 
昨夜は十五夜さんでクマ蜂の素揚げを
美味しく頂きました♪ f(^_^; ポリポリ

2016/09/16(Fri) 08:33 [ No.16368 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
薩摩さん、すずめさん
手始めにレジバッグ片で紙縒りを作ってみました。紙と違って縒りにくいですね。どの程度が許容範囲なのかをオフ会の時に伝授ください。一重に結んだわっかをお尻からすーっとくぐらせて両端を軽く引いて締める→余分な両端は切り落とす・・・こんなイメージでしょうか。次は、バッタ(脚と翅は切除しておく?)を針金に串刺しにして餌付けと肉団子製造作作業と時間を見てみたいと思います。蜜蜂の巣箱周辺をうろついている奴の目の前に差し出せばすぐ寄ってきますか?網で捕まえた奴を囮としてくっつけておく必要がありますか?



2016/09/17(Sat) 20:47 [ No.16373 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:奈良すずめ  引用する 

囮はいりませんよ。
長い棒の先にバッタを針金で輪っかを作って近づけてみてください。
これを近くで左右に振ると首を振って反応します。
さらに近づけると飛びつきますますので、
夢中で団子作りをはじめますから、そーっと作業しやすい場所へ移動できますよ。

蜂王取隊さんから教えてもらった大スズメバチの習性ですが、
クヌギの木に蜜を取りに来ている蜂は、バッタへの反応は薄いそうです。

あと、道具として大き目のピンセットが必要です。



2016/09/17(Sat) 23:20 [ No.16378 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
すずめさん
餌付けに囮は不要、了解です。
差し出せばすぐ寄って来る、何を感知しているんでしょうね。視覚、嗅覚、聴覚、温度(赤外線)?ついでに嗜好調査もしてみましょうかね。バッタ、コオロギ、青虫(芋虫)、蛙(ちぎった足)、鶏のささ身など。
大型ピンセットの用途は、紙縒りの輪っかを胴にくぐらすときに使うんでしょうか?


2016/09/18(Sun) 15:05 [ No.16384 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:奈良すずめ  引用する 
はい。そうです。
ピンセットは特大サイズがいいですよ。

お尻から輪っかを通しますが、そこにある針には触れたくもありませんから!

でも、その輪っかを細めて縛り上げる時、片方は指です。
「クー エスカデスバイ」

2016/09/22(Thu) 06:46 [ No.16405 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
すずめさん
ご教示ありがとうございます。要領あらかた理解出来ました。
ところで、練習には雄蜂を選べば安心してやれますよね。雄の特徴は、ワーカーより大柄、お尻の先端形状が雌と違う、が私に分かっていることですが、これ以外の見分け方のポイントご存知でしたらお教え下さい。

2016/09/22(Thu) 20:50 [ No.16411 ]
◇ Re: 秋の気配 投稿者:  引用する 
その後の演習状況です。先日、オオスズメ2匹がいるところに閻魔コオロギを生き餌で差し出したところ、サッと寄って来ましたがコオロギの眼前でUターンしてしまいました。閻魔コオロギもかなり強面なのでたじたじとなったのかもしれません(笑い)。
別オプションとして鶏のささ身も用意して、こちらは巣箱近くに立てていますが、手(口?)出しは無くチキンジャーキーになりつつあります。次はバッタの予定。


2016/09/25(Sun) 19:30 [ No.16428 ]

◆ 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

昨日の作業報告です。

床下での営巣ですが、ジャンル的には開放巣の部類になります。
普通サイズではありますが、なかなか立派な巣です。

動画もUPしました。
ダウンロードしないと見れませんが、ユーチュブにはUPしないでね。
http://narasuzume.ryuon.org/protect_1/joyful003/img/yukasitakaihousu.wmv



2016/09/11(Sun) 07:16 [ No.16338 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 

仮設住宅の床下で、住宅展示場の事務所でした。
心優しい所長さんからの依頼でした。

「蜜蜂ですから殺さずにいたいが、来客もあり困っています」とのことでした。



2016/09/11(Sun) 07:26 [ No.16339 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 

約束の時間より少し早めに到着しましたが来客中でしたので、
準備をしてしばらく待機中。

周りは新築ばかりの閑静な住宅街ですが
造成前は豊かな森だったのでしょうね。
蜜蜂は太古の昔からその森に棲んでいたのでしょうが、
プレハブの床下でも環境適応して営巣しています。



2016/09/11(Sun) 07:34 [ No.16340 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 

相棒は先日の無王群オーナーのポイさんです。
今回は女王の取り逃がしせずに済みそうなシチュエーションです。

ポイさんの取り込み作業は、既にベテランの域に達しておられます。



2016/09/11(Sun) 07:42 [ No.16341 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
おはようございます。
昨日はお世話になりました。
ハハハ!ベテランですか?
ベテランは蜂玉でホースを詰まっているのに気が付かなかったり
2箇所も刺されませんよね。笑
今朝薄暗い内に定位置に移動しておきました。
ハチマイッターもどきで逃亡阻止工作して様子見です。
今度そこ上手くいく事を願うばかりです。
前回との違いは割とあっさりカゴから重箱に入ってくれた事です。
前回は40匹ぐらいが入ったり降りてきたりしておりましてたので、今の所その違いがあります。

2016/09/11(Sun) 09:39 [ No.16344 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 

昨晩いただいたメールの写真もUPしておきますね。



2016/09/11(Sun) 11:03 [ No.16347 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

重箱に入居2日目です。
昨日は盛んに時騒ぎしておりましたが本日はあわただしく出入りを繰り返しております。
花粉を付けてぷりぷりさせながら狭めた巣門を迷惑そうに入って行く蜂もチラホラ見かけます。
巣板を貼り付けているわけですからこれだけで女王在籍の証明にはなりませんが
とにかく順調に行っておる様です。
あとは給餌の件です。したほうが良いんでしょうね。
とりあえず100ccほど作りました。ビタミン豊富と書いてある手元にあったサトウキビ糖で。笑
アリ避けに周りに水を張ったのですが砂糖水には見向きもせず盛んに水を飲んでいます。砂糖に問題有りでしょうか?
それとメントール投与は1週間後と考えております。



2016/09/12(Mon) 15:30 [ No.16354 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
満を持してての構えですね。
あはは、
私は蜂参ったーは使わない主義です。
西洋蜜蜂の女王とはサイズが違うし、
逃げる時は何かしらの問題があるわけですからねー

年寄組の排除も褒められたもんではありませんが、
引っ越し組の蜜蜂達には、かなりの負担をかけることになります。

でも今回は成功ではないでしょうか?
ここ数日の観察をお願いいたします。

2016/09/12(Mon) 18:17 [ No.16356 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
巣門を狭めると蜂たちにはかなりの負担ですよねぇ。
逃亡の原因となる可能性も考えられるますね。
うぅ〜ん!悩ましいところですが、、、
1週間だけ我慢してもらいます。(^_^)

2016/09/12(Mon) 19:33 [ No.16357 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ヒロちゃん  引用する 
こんばんは、昨年、私も床下巣の撤去保護をしましたが・・・・
結果・・・・((+_+))失敗でした。
摂津のGさんから送って頂いた吸引機を使用しましたが、1匹の蜂も逃すまいと巣を突いたものですから・・・蜜が噴き出しそれと一緒に蜂を吸ってしまいました(´;ω;`)
蜂達は全滅に近い状態でした。保護どころか駆除してしまい可哀想なことでした。(´;ω;`)
今年は丸胴から重箱移動で吸引機を使用・・・上手く行ったのですが8月の暑い時期だったせいか2週間後に逃居に至りました。そんな訳で・・・すずめさんが、もし保護実況の動画をお持ちで有ればDVDにして霧島のオフ会の時にでもお譲り頂けませんでしょうか?
甚だ勝手なお願いですが、宜しくお願い申し上げます。

2016/09/12(Mon) 23:43 [ No.16359 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
ヒロちゃんさんこんばんは。
ポイさんが頑張ってるとこは撮りましたよ。
でも自分の作業は無理で〜す。
手が二本でもたりません。8本位欲しいです。

2016/09/13(Tue) 23:11 [ No.16363 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ヒロちゃん  引用する 
奈良すずめさん、おはようございます。
そうですね、私も、分蜂群捕獲とか採蜜その他の動画を記録しているつもりですが・・・・まともに撮れて居るのは一つも有りませんねぇ〜(゜-゜)
オフ会の時に直接御指導して頂く事にします。
今から・・・質問事項をメモして置こう!!\(^o^)/
薩摩さんのDVDは編集もプロ並みですよね!!
こちらも、スズメバチの被害が出始めました。

2016/09/14(Wed) 05:04 [ No.16364 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
しゃべりだしたら、止まらない性分なんで、
今年は静かにしていようと・・・・無理でしょうか?

でもオフ会はお会いしてお話しができる楽しい場ですから、
知ってることは出し惜しみなくお話ししますよー。

ただ問題は、その内容が必ずしも正解とは限りません
でって、世の中解らないことだらけですから
私も解ったつもりになっているだけにすぎません。

2016/09/15(Thu) 22:11 [ No.16367 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

おはようございます。今日からオフ会ですね。残念ながら都合がつかず参加できません。
その後の様子ですが、花粉の運び込み等発な活動をつづけております。ただこの時期からの取り込みなので給餌をしょうと近くに50%砂糖水を置くも見向きもしてくれません。他に美味しい蜜源を見つけたのでしょうかね。笑



2016/09/18(Sun) 08:47 [ No.16379 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

そして今朝見てみますと巣門の周りにびっしり。
昨夜の大雨が原因してるのでしょうか?
羽を羽ばたかせていませんので中に風を送っているのでは無さそう。
丁度1週間が経ちますのでハチマイッター風巣門を取り外し、メントール投与予定だったのですが大丈夫でしょうか?
箱の中はブーンという低音が聞こえております。



2016/09/18(Sun) 08:55 [ No.16380 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
京都オフ会へ向かう電車の中です
写真を拝見しましたが大丈夫ですよ
逆にこの季節ですからこんな感じで健全です

給仕は1ヶ月後ぐらいからで良いのでは無いでしょうか
あんまりいじらない方が良いです
我慢出来ればですが (⌒▽⌒)

2016/09/18(Sun) 09:17 [ No.16381 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
京都オフ会へ向かう電車の中です
写真を拝見しましたが大丈夫ですよ
逆にこの季節ですからこんな感じで健全です

給仕は1ヶ月後ぐらいからで良いのでは無いでしょうか
あんまりいじらない方が良いです
我慢出来ればですが (⌒▽⌒)

2016/09/18(Sun) 09:24 [ No.16382 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
すずめさん:安心しました。仰せの通りジッと我慢の子でいます。
自信無いですが。笑

2016/09/18(Sun) 10:26 [ No.16383 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
今日2時半過ぎに蜂場に行くと時騒ぎが起こってました。どのぐらいの時間騒いでいたのでしょう?、私が来てから5分もしないうちに収まりました。直前に土砂降りだった影響なんですかね。
明日は台風の影響が考えられますので重し等の対策講じておきました。そこで発見、後ろにも巣門が開いておりました。夏用に前後ろのを置いていたようです。
ハチマイッター風をしてましたが意味がなかった事に。笑

2016/09/19(Mon) 15:15 [ No.16390 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
台風対策等で延び延びになっていたハチマイッター風を早朝外しました。
先程見てきましたが凄い数の蜂の出入りにビックリです。
1/3ほどには両足に花粉を付けて帰って来ます。
中の様子を見たいのですが今日は止めておきます。前回のとは明らかに勢いが違う様に感じます。(^_^)

2016/09/21(Wed) 09:22 [ No.16398 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:奈良すずめ  引用する 
ハチマイッターは、スズメバチ対策にはなります。
外されたのであれば、別の対策が欲しいところですね。

襲撃があった場合は、ひごもっこすさん同様ペッタンコ作戦で行きましょう。

しかし、今回の撤去保護は大成功の模様ですね。

2016/09/22(Thu) 06:41 [ No.16404 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

スズメバチ対策ですね。
ぺったんこ作戦と共に少し大きな巣門を作ってみます。

今日初めて内見しました。
巣門の底板にまで届きそうでしたので1段継箱しておきました。
凄い勢いで巣を作ることが分かり感動です。(^_^)
まだ2段ですがかなり重いんですね。



2016/09/22(Thu) 12:28 [ No.16409 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:  引用する 
ポイさん
この時期、巣門開口高さを広げるのは自殺行為です。ペッタンコは強力な罠ですが全部がペッタンコへ行くわけではありません。写真程の開口部に10〜20匹のオオスズメ襲撃隊がやってくれば小一時間で全滅しかねません。開口高さはオオスズメが通れない高さ(私は6mmを標準にしています)にしておく事は必須です。すずめさんの仰るように、蜂参ったの再取り付けをお勧めします。和蜂がオオスズメの攻撃に精神的に参って引きこもりになった場合は、逃去の可能性が有ります。蜂参ったは逃去防止にもなります。

2016/09/22(Thu) 21:08 [ No.16412 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
ひごもっこすさん:ありがとうございます!
今までの巣門は逃亡防止用3.9mmでしたので新たに6mmのを今日にも作って対策します。今までこの辺ではオオスズメバチを見かけたこと無いので甘く見ていました。そんなに簡単に全滅するものなんですね。

2016/09/23(Fri) 06:31 [ No.16415 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

スズメバチ対策として作ってみました。
巣門は調節可能ですが今回は5.5mmにしています。
アルミ製ですので何か問題有りますかね?



2016/09/23(Fri) 11:17 [ No.16416 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:  引用する 
ポイさん
写真の侵入防止巣門、特に問題は無いと思います。開口高さ5.5mmは採蜜から帰って来る蜂がくぐるのにあまりに難儀しているようならあと0.5広げてあげると良いんじゃないでしょうか。

2016/09/23(Fri) 22:12 [ No.16421 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
ひごもっこすさん:ありがとうございます。
そうですね様子を見て調整します。

2016/09/24(Sat) 06:48 [ No.16422 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
虎の子の1群、今日からメントール投与はじめました。
まずは5gから。
天板を外すとスノコに上には蜂たちがビッシリ!
少し待つとあらかた入ったので麻布を被せて上にはお茶の袋に詰めたメントールを乗せて元に戻しました。
なるべくそっとやったつもりですが下の巣門からは結構な蜂が出てきておりました。
様子を見ながらですが1週間毎に10gづつ増やしていき30gを定期に投与を考えております。

2016/09/25(Sun) 09:47 [ No.16427 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

巣門は2箇所。南側はいつもの朝の様に平穏な出入り。念のために北側を見ると蜂が溢れていました。もしやと思い内見するとあらまぁ!
底板にもう直ぐ着きそうな所まで。6日前に足したばかりなのに。(嬉)内径が22センチ四方、高さ15センチです。
3段持ち上げるのに一苦労、重いんですね。
次のために今から持ち上げ器などを考えねばとうれしい悲鳴です。笑



2016/09/28(Wed) 13:13 [ No.16431 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
巣門は2箇所。南側はいつもの朝の様に平穏な出入り。念のために北側を見ると蜂が溢れていました。念のために内見するとあらまぁ!
底板にもう直ぐ着きそうな所まで。6日前に足したばかりなのに。(嬉)内径が22センチ四方、高さ15センチです。
3段持ち上げるのに一苦労、重いんですね。
次のために今から持ち上げ器などを考えねばとうれしい悲鳴です。笑

2016/09/29(Thu) 10:21 [ No.16433 ]
◇ Re: 床下開放巣の撤去保護 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

9月10日に捕獲保護したこの群は非常に順調に営巣に励んでくれてまして今4段目中程まで来ております。
そこで皆さんのお考えをお聞きしたいのですが、
今採蜜をしても良いのでしょうか?
するならセイタカアワダチソウが咲き始めたばかりの今がラストチャンスだ思うのです。

それとも越冬と来年の親群と考えれば採蜜をしない方が良いのでしょうか?
重箱は内径22×22高15です。
越冬するには何段が最適なのでしょうか?



2016/10/03(Mon) 12:56 [ No.16445 ]

◆ ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

台風一過の今朝、飼育洋箱にFlow Hive継箱を装着、試験稼働スタートしました。
飼育箱の巣枠は9枚(10枚目は箱の収縮で入らなくなったので省略)、巣枠1枚分の蜂がオオスズメにやられているので実質8枚分の蜂数(約16000匹?)です。
今(正午)の点検では継箱に上がっている蜂は見られませんでした。秋の流蜜期になるまでしばらく我慢かもしれません。
継箱に合わせて更新したペッタンコにもう1匹くっついていました。累積捕獲数100匹を越えてますがまだまだやってきそう。

 



2016/09/05(Mon) 12:20 [ No.16328 ]
◇ Re: Flow Hive 試験稼働開始 投稿者:  引用する 

装着前の継箱(国内流通品を改造)です。Flow Hive が6枚入っています。標準巣枠10枚の幅に6枚と言う事は、貯蜜房が深いということで、カタログ値は1枚当たりの貯蜜量2Lとなってます。背面と両側面に貯蜜蓋掛け状況目視窓を付けています。



2016/09/05(Mon) 12:29 [ No.16329 ]
◇ ひごもっこす劇場 投稿者:奈良すずめ  引用する 
いよいよ始まりましたね
タイトルは『ひごもっこす劇場』に変更しておきましょうか(⌒▽⌒)

今後の展開を楽しみにしております
アクセスログを見ると沢山の方々がご覧になっています
質問もあるやもしれませんが
優しく対応のほどよろしくお願い致します。

追伸: 以前小学生から『ミツバチの足は触覚を入れて何本ですか』って聞かれましたが
私は心に余裕が無く答えられませんでした。(@_@)

2016/09/05(Mon) 21:14 [ No.16331 ]
◇ Re: Flow Hive 試験稼働開始 投稿者:  引用する 
すずめさん
タイトル一任いたします。質問の件承知しました。

>追伸: 以前小学生から『ミツバチの足は触覚を入れて何本で>すか』って聞かれましたが
>私は心に余裕が無く答えられませんでした。(@_@)
ヒントは名前にあります!と間髪をいれずに答えたいところですが、同じ状況に置かれたら、ええーっと・・・なりそうな気がします。


2016/09/05(Mon) 22:06 [ No.16332 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:奈良すずめ  引用する 
はい。改名させていただきました。(あはは)

2016/09/05(Mon) 23:18 [ No.16333 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:風車@埼玉  引用する 
先週スズメバチ対策を施しました。
SSGは昨年と1昨年テストをしたが半数がやられました。
今年は青蜂さんモデルの+収穫カゴです・・・。

そのさい夏場の大盛で7枚がいっぱいになっており給餌箱を撤去し枠に替えました。
いよいよこちらもFlow Hive設置の段取りができました・・・。
   

2016/09/07(Wed) 15:11 [ No.16334 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 
2.5日経過。毎日、朝、昼、夕の3回覗き窓から経過を見ています。隔王板を越えて継箱へ登っている蜂をチラホラ見かけることもありますが、貯蜜作業を開始した様子はありません。秋の流蜜が始まり飼育箱の貯蜜スペースが埋まるまでは我慢、我慢?調子が上がらない場合は、奥の手(給餌)を使いましょう。
風車さん
どうされているかなと思っておりました。今後の推移楽しみですね。よろしくお願いします。
SSGのフィールド実績についてもう少し教えてください。
半数がやられたとありますが、それは侵入を許したということでしょうか?

2016/09/07(Wed) 22:16 [ No.16335 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

継箱に少数ながら蜂の姿が見られるようになりました。
前回から10日目、今朝7時ごろオオスズメ第4波が来襲。網で捕まえて踏みつぶしペッタンコの囮に。やがててんこ盛りとなり平穏が戻りました。



2016/09/10(Sat) 21:19 [ No.16336 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:奈良すずめ  引用する 
今朝7時ごろオオスズメ第4波が来襲とのこと、
大スズメバチの襲撃が多いようですが
近くに大きな巣があるのでしょうね。

対応が遅れるといきなり全滅コースですが、
見守り体制が完璧で、早期発見によるペッタンコの囮作戦おみごとです。

9月に入りだいぶ涼しくなってきましたし、
秋の花も咲き始めることですから、Flow Hiveから採蜜できるように蜜をお貯め込んで欲しいですね。

2016/09/11(Sun) 06:56 [ No.16337 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

第4波以降平穏を保っていますが、余震で架台脚2本がレンガから滑り落ちて巣箱が傾いてしまいました。蜂はびっくりしたと思いますが、それ以上の影響はなさそうです。ついでに8日ぶりの底板チェックを行い、ダニ発生なし、花粉集め上向き傾向を確認しました。



2016/09/13(Tue) 10:25 [ No.16362 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

前回から一週間目、早朝より第5波が来襲。前々日あたりから様子見らしき飛来があり来襲近しと見ていましたがやっぱり来ました。2、3匹網で捕獲しペッタンコにくっつけて以降はペッタンコ上で同士打の展開となり巣門守備隊は無傷でした。今回も約20匹規模の攻撃。



2016/09/17(Sat) 22:07 [ No.16376 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:奈良すずめ  引用する 

ペッタンコ作戦大成功ですね。

しかし、スズメバチの大きな巣が近くにありそうです。
でもスガレを行い発見したとしても、宇宙服みたいな防御服がいりますよ。



2016/09/19(Mon) 13:11 [ No.16388 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

継ぎ箱の半完成蜜房の仕上げ作業が、スローペースながら、始まっているようです。覗き窓を開けると少数ながら頭を突っ込んでいる奴を見かけます。底板落下物にもダニなどの気配は無く異常なし。
「巣箱からちょっと離す」助言のおかげで蜜蜂の巻き添えは皆無、大戦果が上がってます。相当に敵の戦力を削いだつもりですが、来襲が続いてますので、敵も扶養家族が多い、1000匹規模の強勢群なのでしょう。宇宙服然とした防護服は6、7万円もするようでちょっと躊躇しますね。でも、これなしで巣を掘るほどの蛮勇も持ち合わせていないので、トラッキングマーカー付けの技能訓練からぼちぼち始めます。
今日、鶏のささ身と青虫の寄せ餌を巣箱の近くにセットしましたが今のところ齧られた気配はありません。



2016/09/20(Tue) 17:26 [ No.16393 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:奈良すずめ  引用する 
Flow Hiveは中の様子が覗けるって面白いです。
9月も中旬を過ぎてもうすぐ10月ですから、
これからの一か月ぐらいで、一気に蓄えて欲しいですね。
そして蜂蜜がポタポタと落ちるところが見たいです。

スズメ蜂の襲撃は今頃がピークですから、もうしばらく続きますが、ひごもっこすさんの厳重な監視下では、彼らも戦果を上げられず終いでしょうね。


2016/09/22(Thu) 06:37 [ No.16403 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 
覗き窓から見える蜂の数が少しづつ増加しています。九州オフ会に、蓋掛けされたFlow Hiveを一枠引き抜いて持っていけると良いんですが・・・。オオスズメはこちらで何とかするから、洋蜂さん頑張って―!
霧島さんとこから御輿入れした初日の朝、巣門を開け天井を開けて巣枠を点検しているところを通りがかりのオオスズメに見つかったのは最悪だったようで、有力餌場として群れにしっかり周知されているようです。今日も見回り時に網で2匹補殺、ペッタンコで2匹拘束。家の庭だから何とかなってますが、離れた蜂場に置いていたら今頃青息吐息だったかもしれません。

2016/09/22(Thu) 21:28 [ No.16413 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 
今朝の見回りに行くとSSGが守備隊で覆われていてオオスズメが複数飛び回っています。飛び様がいつもと違い、私に向かう姿勢も見られ、興奮状態です。SSG上の蜜蜂を襲うより、多くは、巣箱の回りを回っては飛び去ってゆきます。第6波かと思いきや、巣門前ではちあった2匹がバチッと体当たりし地面にボタッと落下、大あごをバキバキいわせながら取っ組みあいをしています。多分、この餌場をめぐっての新旧群間の攻防だったんでしょう。30分ほど現場で迎撃、数匹補殺、その後も時折飛来はしているようです。

2016/09/26(Mon) 12:32 [ No.16429 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

オオスズメ第5波来襲から10日、新参との餌場争奪バトルから2日経ちましたが、飛来が継続。ペッタンコがまたもてんこ盛り。たまらず、3基目を増設。



2016/09/28(Wed) 17:32 [ No.16432 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

本日朝より第6波来襲。巣門守備隊に少なくとも湯飲み1杯の被害(ツワブキの葉の上にその一部が見えます)。1時間の迎撃でトーチ炎撃墜焼殺10、不時着後逃亡10、ペッタンコ拘束10の戦果。
先日、餌場争奪バトルを展開した2群からの飛来で過去最大規模。次々と前後左右から
飛来。複数がはち合わせると入り乱れて飛び交い、狩りそっちのけで、警戒と敵意がありあり。時折取っ組み合って地上に落下。網捕獲もトーチ炎撃墜もホバリング体勢をとってくれないと行使が難しい。
索餌飛来は夜明けとともに始まり餌場情報が群れに持ち帰られる。早朝の飛来者を叩いておかないと、餌場情報が群れの中に広まり、その後の飛来が一気に増える。通常7時の見回りが今日は10時にずれ込んだのが今日の反省。
それにしても、オフ会の時は2、3日留守になるので、今のままではSSGが効いたとしても、守備隊玉砕は必至。次の手を打たなければ。



2016/09/29(Thu) 14:11 [ No.16434 ]
◇ Re: ひごもっこす劇場 投稿者:  引用する 

とりあえず、オオスズメアプローチルート全てにペッタンコを配備することにして、現3基→6基に増強。消耗戦に誘導。



2016/09/29(Thu) 16:44 [ No.16435 ]

◆ 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
さてさて、順を追ってもう一度ゆっくりと。
整理いたしますので、暫しお時間を

PS:今日も残業でしたので・・・睡魔が

2016/08/30(Tue) 23:11 [ No.16286 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 

ここからのスタートです。

でも本日は、おやすみなさいデス。



2016/08/30(Tue) 23:12 [ No.16287 ]
◇ Re: 撤去保護群のデスカンファ 投稿者:joe  引用する 

先ずは6月中旬に屋根裏から撤去保護です。



2016/08/31(Wed) 03:41 [ No.16289 ]
◇ 撤去保護群のデスカンファ 投稿者:joe  引用する 

屋根裏群は全くの健全群に見えます。
捕獲後に巣板を取り付けて完了です。(捕獲は6月12日)



2016/08/31(Wed) 03:46 [ No.16290 ]
◇ 撤去保護群のデスカンファ 投稿者:joe  引用する 

7/5のポイさんの投稿
あれから1ヶ月、盛んに蜂達が出入りしてくれていますが、余り巣作りが進んでない様にも感じています。まだ1段目ぐらいでしょうか。

→直後より花粉も運んで順調との報告



2016/08/31(Wed) 03:56 [ No.16291 ]
◇ 撤去保護群のデスカンファ 投稿者:joe  引用する 

7/11日の投稿(捕獲後30日)
複数の雄蓋発見



2016/08/31(Wed) 04:08 [ No.16292 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
joeさん、おはようございます。

2016/08/31(Wed) 04:15 [ No.16293 ]
◇ 撤去保護群のデスカンファ 投稿者:joe  引用する 
ここまでの経過でご意見下さい。

ポイさん、この時点で働蜂の時騒は確認できたのでしょうか?
女王が居てたなら働き蜂は羽化しています。
女王が居てたとしてこれだけの複数の雄を産卵できるのは旧女王となりますが、屋根裏自然群で6月12日まで分蜂していないのは不自然でしょうか?

2016/08/31(Wed) 04:23 [ No.16294 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 

捕獲時点では女王の確認はできていませんが、
いないとは言い切れませんからね〜。

その後の経過から、やはり無王だったのではと推測していますが、
これもまた仮説であり、証拠はありません。
あえて言えば、オス蜂蓋の発生が約一か月後に起こっていることです。
しかし、同時に王台を作っていたのならこれもまた確たる証拠とは言い切れません。

後半の8月の経緯に移る前に、このお尻の黒い働き蜂の発生がいつ頃であったか? ポイさんに聞いてみますね。








2016/08/31(Wed) 04:32 [ No.16295 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
お騒がせして申し訳ありません。
16295の写真は7月3日に撮ったものです。この時色の違うのがいると思って撮ったのですがこの1匹だけでした。

2016/08/31(Wed) 07:01 [ No.16297 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月9日:蓋のようなものが沢山落ちているのを発ました。
それまでは朝のうちは花粉を運び入れたり順調に行っているようでした。この蓋を見つけてから時騒ぎがあったのかどうなのかは分かりません。逃避の事だけがが気になって出来るだけ近づかないようにしていたものですから。



2016/08/31(Wed) 07:09 [ No.16298 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

この日同時に幼蜂の死骸も数匹、箱の下に見つけました。



2016/08/31(Wed) 07:14 [ No.16300 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月10日の中の様子です。
左上にすでに出来かかっている、、、のですかね?



2016/08/31(Wed) 07:21 [ No.16301 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
7月13日:中に動きの変、ヨタヨタしてる感じの蜂を見つけました。
後日検査に出しましたところアカリンダニは見つかりませんでした。

2016/08/31(Wed) 07:35 [ No.16302 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月21日:蜂数の減少が顕著になってきております。



2016/08/31(Wed) 07:38 [ No.16303 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

撮った写真を見直したところ
7月3日の写真です。つまりお尻の黒い蜂を1匹だけですが見つけた日になります。
既にこの時に作られていた、、、、?どうでしょう?



2016/08/31(Wed) 07:48 [ No.16304 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月29日の様子です。
出入り等もこの頃にはほとんど見られなくなっておりました。

この様な経過なのですがどうなんでしょう。
何せ初めての事なので何も分からない状態で、しかし嬉しくて!
前にも書きましたが
逃亡だけが心配でしたので、ハチマイッターもどきで女王を逃さない様苦心しなるべくそっとしておく様にしておりました。
今になってもっと詳細に観察、メモを取って置けばと後悔しております。



2016/08/31(Wed) 08:16 [ No.16305 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:  引用する 

すずめさん、ポイさん、joeさん
私も、皆さんにお示しいただいた経過を、時系列で整理(添付資料)してみました。そうすると、雄蜂の卵が産卵された時期、王台(新女王)の準備が始まった時期、保護した働き蜂が寿命でいなくなる時期などが推定できます。
そこから、改めて、下記の結論(推論)が導かれます。
1)雄蜂は保護収容以前に用意されていた無精卵用産卵房に保護後に居たはずの女王が生んだ。つまり、女王の取り逃がしはなかった。
根拠は、無精卵産卵時期と王台準備開始時期が1月近くずれている点です。もし女王を取り逃がした(無王化)ことによる働き蜂産卵なら(変成)王台準備開始も同時期にスタートするはずです。その理由は、女王存在を告知するフェロモン消失が働き蜂の産卵抑制を解除、変成王台準備のスイッチを入れるからです。
2)その後何らかの理由で、7月に入って、女王喪失事由(事故死、娘女王の交尾失敗など)が発生。無王化し、急きょ変成王台が準備された。しかし、女王羽化には至らなかった。
理由は、1)同様のこと、および、この保護群は群勢立て直し(巣の再建)で精いっぱいで夏分蜂の余力は無い。巣脾の伸びが停滞している。
3)働き蜂産卵も起こっているはずで、羽化まで女王より一週間程度長いので、出房出来てない雄蜂巣房が残っていませんでしょうか。(2)の推論が正しければその証拠の一つになると思います)
4)王台のあの出べそのような恰好への改修は、終齢幼虫が蛹化する時点で行われる。
理由は、7/21と7/29の写真で比較可能な王台が一つだけ見えますが、7/21時点では王台らしき顕著な恰好は確認できません(蜂が邪魔で直視はできませんが)。





2016/08/31(Wed) 14:02 [ No.16306 ]
◇ Re: 7月21日の内見時の他の写真 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月21日



2016/08/31(Wed) 15:07 [ No.16307 ]
◇ Re: 7月21日その他 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月21日の写真です。
比較して頂くためですがどうでしょうか?
すみません、どちらもうまく写ってないですね。



2016/08/31(Wed) 15:09 [ No.16308 ]
◇ Re: 7月29日追加写真 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

7月29日



2016/08/31(Wed) 15:41 [ No.16309 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
真相は闇の中ですが、いろいろな仮説が考えられますよね。

皆さんの意見を否定する訳ではありませんが、
私の見立ては無王だった論です。(喧嘩売ってるんじゃないですよ)
そんでもって、この王台の出現で訳が分からなくなっている次第です。

「いやいや女王は居たのだ」と言う仮説もごもっともです。

でもね〜。どうでしょうね〜。
ポイさんからも散々質問されましたが・・・
「ダメやな、残念」とは言い出せなかったデス。

わずかな望みを繋いで繋いでこうなっちゃいました。
だって本当に解りませんからね。

西洋蜜蜂であれば、ひごもっこすさんの見立てになりますが、
日本蜜蜂はまだまだミラクルワールドです。

2016/08/31(Wed) 22:14 [ No.16310 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:  引用する 
奈良すずめさん
色々とサイト管理業務ご苦労様です。
ミラクルワールドですか・・・疑問、質問、が一杯・・・これからも、ああでもない、こうでもないの種は尽きまじ。よろしくお願いします。

2016/09/01(Thu) 13:02 [ No.16311 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:スロー人 ホームページ  引用する 
ダハハ〜(*^^)v
 ニホンミツバチは何が起こるかわかりません。
無王群でも王台を作るし、産卵しなくても王台に蓋したりするのよね〜(?_?)

2016/09/01(Thu) 20:17 [ No.16312 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:霧島  引用する 
スロー人さん!日本蜜蜂が野生たる所以はここにありですか。

毎年数回の野生群の捕獲保護を行っていますが、健全群に仕立てるのは難しいですですネ〜。

この事例をを見ていて合同のタイミングは何処だろうと・・・
良からぬ事を考えている霧島です。

2016/09/01(Thu) 21:48 [ No.16313 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:joe  引用する 
ダハハ〜スロー人さんおはようございます。
僕は今も無王群が王台を造るとは思っていません〜^^
無王群が西洋じゃないんだからまともに働くとも思っていません〜^^
(でもそれが可能なら今回の件は説明がつきますが・・・)

旧女王が雄蜂を産卵した後、突然産卵が停止した。
危機感を感じた働き蜂が期待感をもって王台を造ったがそれも叶わなかったという悲しいストーリーが私の見立てです。

2016/09/02(Fri) 06:03 [ No.16314 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
ポイさん、おはようございます。
観察日記ありがとうございました。
でも、採蜜までの後半もよろしくお願いしますね。

ひごもっこすさん、私も正直解らないのです。
質問されても正しい答えが出せるかどうか?
ミラクルってばかりで片付けられる訳ではなく、
きっと真相はあるのでしょうが

スロー人さんの過去ログで王台に働き蜂産卵されたら
オカマ女王が生まれるでしたけ?あれを思い出しました。

霧島さん、同様な事例ってお聞きになったことはありませんか?
また今年のオフ会も盛り上がりそうですね。
ひごもっこすさんとはまだお会いしていませんし、
皆さんにお会いできるのが楽しみです。

joeさん、私も無王群が王台を造るハズはないと・・・
いろいろな仮説が考えられますし、この議論が楽しい♪
最終回答は保留でいいですよね。だって解んないんで

ポイさん、観察日記の最終版お願いします。

2016/09/02(Fri) 06:53 [ No.16315 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

皆さん、色々とご推察頂きありがとうございます。
初心者の私には理解でき無い事ばかりですが、、、笑

さてその後の経過ですが、8月に入り蜂数は減少の一途を辿って行きました。
最早どうしょうもないという事も理解しておりました。
8月19日最後の内部を撮った画像です。



2016/09/02(Fri) 07:46 [ No.16316 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
そんな中8月21日、心配して下さったすずめさんが来てくださり
中にはほとんど蜂はおらず、スムシもほとんどいないので急遽採蜜
しょうと行く事になりました。
勿論初めての採蜜です。蜜が取れる部分と蜜蝋だけを取る部分も
切り分けていただきました。
慌てていたので写真はありません。すずめさんに撮って頂いたですかね。有ればお願いします、

2016/09/02(Fri) 08:10 [ No.16317 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

王台?の中に蓋を掛けられたのが有りました。



2016/09/02(Fri) 08:15 [ No.16318 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

蓋を切って見ます。ドキドキですね。笑



2016/09/02(Fri) 08:16 [ No.16319 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 

あらら、カラッポでした。



2016/09/02(Fri) 08:17 [ No.16320 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
初めての採蜜は約1L程取れました。
そのうち小瓶に分けて何本か今年から社会人になった娘が会社に持って行ったところ大好評だったようです。来年の注文も貰ったそうですが、、、、。笑
その娘も蜂蜜ダイエットだど言って毎朝少しずつ舐めております。(^_^) しかし、日本みつばちの蜂蜜は濃厚で美味しいですね。

2016/09/02(Fri) 08:31 [ No.16321 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:霧島  引用する 
ポイ@やまとさん!
この群と数か月の御付き合いだったかも知れませんが、素晴らしい事を学ばれました。
又、学ばせて頂きました。

しっかりお家賃の蜂蜜を頂けたのは幸いです。

色々なことが起こるのが日本蜜蜂。。。
ああでもないこうでもない、そういう仲間がいて潤いのある日々を送らせてもらっていると日本蜜蜂に感謝しています。

2016/09/02(Fri) 20:26 [ No.16322 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:  引用する 

皆さん
ミステリー論議も終息のタイミングになったようですが、私の推論の前提条件に誤りがありましたので結論を含め改訂させていただきます。誤りは、正規の王台も変成王台も一般の雌蜂房に産まれた雌卵から選ばれてスタートするという点です。正しくは、正規の王台は、あらかじめ王椀が用意され女王はそれを認識したうえで受精卵を産みつけるでした。この点については今一つ確心が無かったので#16280などで皆さんに問いかけましたが意見が得られませんでした。そこで、専門家に聞くのが早道と思い、多摩川大の中村教授に質問してご教示いただきました。
前提が変わったことで、私の見立ては下記のように変わります。
1)保護時女王を取り逃がしていた。
2)7月末に露出した王台跡は羽化跡ではなく産卵されなかった王椀である。保護取り込み後もしばらくは(女王が居た時の名残で)王椀造成作業は続けられ完成度が上がった可能性は考えられます。7月10日と29日の写真で同一王椀(半完成)らしきものが見えますが進捗していません。保護取り込み時に既に出来かかっていたが巣脾を覆う蜂に隠れて分からなかった。
3)雄蜂は無王化に伴う働き蜂産卵の結果と言う事になります。
4)蜂数の減少ペースは保護収容後の産卵ゼロという仮定に沿ったものです。

私もこれですっきりしました。皆さんありがとう。



2016/09/02(Fri) 21:15 [ No.16323 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:joe  引用する 
>女王はそれを認識したうえで受精卵を産みつけるでした。

それはここにおられる方みなさんは当然の理解の上で話が展開してたはずです。





2016/09/02(Fri) 22:07 [ No.16324 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:  引用する 
joeさん、今晩は。

当然の理解をしていない輩が紛れ込んでいてすみません。

議論をするときに、この「当然の理解をしているはずだ」という思い込みは、議論をかみ合わないものにしてしまいます。そんな時は、「こいつ、この当然が分かっていないのではないか」と疑ってみてください。私は私見の中で「当然で無い前提」を何回も振り回して居ましたから、その時点で、そこが間違っていると指摘いただけていたらもっと早く#16323にたどり着けたと思います。

これに懲りず、これからもよろしく。

2016/09/02(Fri) 22:39 [ No.16325 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
今週末も出勤でした。
仕事も趣味も時間足らずでバタバタです。

ひごもっこすさんは、多摩川大の中村教授にまでお聞きになったのですね。
でも、先生も私達も状況判断からの見解にすぎませんから、
必ずしも100%の真相究明とは言い切れません。

その中での私の仮説も同意見ですが、
私たちは趣味での活動ですからミステリーのまんまで良いと思います。

ポイさんは昨今の蜜蜂現象事態でなければ、数群を有されていいてもおかしくないぐらい準備をされていましたから、ささやかな採蜜でもご経験されて良かったですね。

蜂仲間が増える事は楽しいことです。
今後ともよろしくお願いいたします。


2016/09/04(Sun) 18:54 [ No.16326 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:  引用する 
すずめさん
お仕事お疲れ様です。毎日が日曜日世代としてはやや複雑な気持ちです・・・。
誤解をさけるために補足しておきます。
中村教授にお訊ねしたのは、「正常な王台と変成王台の造巣プロセスは同じでしょうか、異なるのでしょうか?」という点だけです。「すずめさんのブログで、ポイさん群の消滅例をめぐって諸説が出ているがどう思われますか?」とかいったお伺いは一切しておりません。
ついでに、
「変成王台の場合、選抜した幼虫が羽化後の時間が経ち過ぎていた場合はどうなりますか?変成王台から働き蜂が現われるのでしょうか?」と言う質問には下記のお答えでした。
「こうだという正解は出ていない。わざとそういう条件で飼育した実験例では、女王と働き蜂の中間のような蜂が羽化した。女王としての生殖能力があったか否かは確かめられていない。」とのことでした。



2016/09/05(Mon) 11:41 [ No.16327 ]
◇ Re: 説明不足の件 投稿者:奈良すずめ  引用する 
通勤電車からです
無いものネダリなんですが休みが欲しいです

中村先生は荒尾で巨大スズメ蜂の巣を採取されているので
なんだか勝手に親近感を覚えております
掲示板は落書きコーナー見たいなもんですから
どうぞお気兼ね無く書き込んで下さい

ただ私も図太い神経では無いので
虐められると凹みますが(*^o^*)

ワイワイガヤガヤ楽しく議論出来るのが良いですよね

2016/09/05(Mon) 20:52 [ No.16330 ]

◆ 消滅してしまいました。 投稿者:奈良すずめ  引用する 

今年は入ってくれた唯一の群でしたが、残念なことに消滅してしまいました。

86NETさんからのアドバイスもいただいていたギ酸を施すべきだったのですが、
忙しさにかまけて・・ほったらかし主義を言い訳に・・



2016/08/30(Tue) 06:26 [ No.16278 ]
◇ Re: 消滅してしまいました。 投稿者:奈良すずめ  引用する 

場所は最高ですし、大スズメバチが飛来したわけでもなく、
前回の見回りで、蜂数が少ないのは気になっていたのですが、
おそらく既に病気だったのでしょうね。
蓋を開けてみると、中には巣落ちした残骸がありました。

この群が生き延びて、地域の復活を担ってくれることを祈っていましたが・・残念!



2016/08/30(Tue) 06:34 [ No.16279 ]
◇ Re: 消滅してしまいました。 投稿者:ポイ@やまと  引用する 
あらら、残念です!
この地域の種群と思っていたのですが、、、。😂
本当に難しいですね。

2016/08/30(Tue) 22:15 [ No.16284 ]
◇ Re: 消滅してしまいました。 投稿者:ギコギコとんぼ  引用する 


すずめさん!皆さん今晩は!
   ダニの蔓延中に、「捨て育て」(放任)は、消滅しますよねぇ〜・・・。
    私も、昨年は「捨て育て」で、消滅させてしまいました・・・。
    今年は、86Netさん等のブログを見ながら、28日に蟻酸投与をしました・・・。
   二週間ぶりに、28日に彼女とデートをすれば、巣門前に2〜3匹の蜂は居るのですが、飛び出す蜂を確認できないのです・・・。
  「おかしいなぁ〜」と思えば、蟻酸投与(たしか、86netさんのブログに書いて有った気がしています。間違っていたらゴメンなさい。)
   慌てて50%の蟻酸を作り、ダメもとで、28日午後に投与しました。
   29日の午前中には、1分間に、10匹位の蜂の飛び出しが確認できました・・・。
   蟻酸投与の結果は、2日に行い二回目の蟻酸投与を考えます・・・。
  写真は、巣箱上部に置いた、蟻酸投与の「スノコ」です。



2016/08/30(Tue) 23:20 [ No.16288 ]
◇ Re: 消滅してしまいました。 投稿者:奈良すずめ  引用する 
ギコギコとんぼさん、おはようございます。
どこもかしこも消滅してきていまうので、不安ですよね。

86ネットさんの対応は素晴らしい結果を生んでいらっしゃいますよね。
私の考えでは「自然に任せる」なんて思っていますが・・
残念な結果になってしまいました。

九州の実家の方は地域が一度全滅していたせいか、
復活した群はすこぶる元気です。
でもこれもまた、再感染の危険性は秘めてます・・・
盆にも帰省できず、年に数回しか診れませんからホッタラカシです。


PS:ポイさん、例のご自宅の消滅群の経緯説明お願いしますね。

2016/08/31(Wed) 04:44 [ No.16296 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271]

 (コメント数)
--- タイトル ---