このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

◆ 給餌の量とタイミング 投稿者: ホームページ  引用する 
ミツバチ君 教えて!
もっと多くがイイの?
毎日? 二日毎?  アア〜〜父さんは判らんド〜。

2010/11/30(Tue) 17:53 [ No.504 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:joe@和歌山  引用する 
どんどん給餌です〜。
実家10月入居群、以前は早朝と夕暮れで一回150mlでしたが、気温が下がってからは10時・3時の10度を超えたあたりです。一回200ml位に少し増やしてます。明日からはしばらく暖かいようなのでさらに給餌量を増やします。余れば翌日に廻します。この3週間で巣箱が重くなりました〜。これを12月中旬までは続けます。11月中旬に産卵も終わり育児も12月中旬で終了のようです。これからどんどん越冬貯蜜用に給餌です。
どんどん行きましょう!
京丹蜂さん、これには落とし穴があるんです〜。
来年の採蜜は純粋な蜂蜜ではないかもしれないということです。砂糖蜜かも〜。でもいいじゃないですか!分蜂群から採蜜すれば。第一目標は無事越冬です。

2010/11/30(Tue) 21:12 [ No.505 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:奈良すずめ  引用する 
父さん、まあ大体でいいのですが、
失敗を恐れていらっしゃいますね。

私も師匠に聞きましたが、教えてもらえませんでした。
「蜂のことは蜂に聞け」だそうです。

あはは、そんなのファーブル先生でも無理!
頑張ってドリトル先生を目指して下さい。

2010/11/30(Tue) 21:27 [ No.506 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:スロー人 ホームページ  引用する 
京丹蜂さん、必要なだけ給餌して下さい〜(~o~)v
越冬中に給餌が切れると、蜜切れ消滅の危険が増します〜(-_-;ウーン
特に2〜3月がもっとも危険な時期です〜(+_+)
桜が咲くまで給餌を続けて下さいね〜(^^ゞ

2010/11/30(Tue) 21:56 [ No.507 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:奈良すずめ  引用する 
スロー人さん、こんばんは。
どうも、いらっしゃいませデ〜ス。
大は少をかねるのですよね。足りないよりはOKですよね。

PS: 明日から北京に出張で、上海経由で4日に帰国します。
   蜂ネタもあれば、なんか仕入れてきますね〜。

2010/11/30(Tue) 22:07 [ No.508 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>特に2〜3月がもっとも危険な時期です〜(+_+)

産卵・育児が再開され、一気に貯蜜が減るんですね。
桜が咲くまで・・・・気が遠くなります〜。

2010/12/01(Wed) 06:38 [ No.509 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:joe@和歌山  引用する 
管理人さま、北京3泊4日ですね。
留守中ブログの品位落とさないよう気をつけますね〜。
楽しいお土産話待ってます〜。
お気を付けて行ってらっしゃいませ。

2010/12/01(Wed) 06:47 [ No.510 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者: ホームページ  引用する 
ウ〜〜ム 判ったようで?まあ自己流で!!!!
朝 会社に行く前に給餌します(1回/1日です)
今は 砂糖250g+水200mlと 濃い目をやる事にしています。
昨日も 給餌器はからっぽ状態です。
砂糖250g/1日×30日×5ヶ月=37.5kg(37.5kg×178円/1kg)=6,675円也
結構経費が掛かりますね 
産卵は 11月・2月・・・1年に何回するの?
だけど 産卵の時期と給餌との関係は 11月・2月と言うことですネ。
他の産卵時期は 蜜源から給餌するのですね。
 
まず 越冬してくれる事ですね すれば分蜂群が得られる。
キンリョウヘンに花芽がない(悲) これから?
桜が咲くまでの 授乳です ヨシヨシ・・・。 
丹後は冬は結構冷えます −2〜3度のときも 今建築中の廃材として
床に敷く発泡の端切れがあります それを巣箱の外壁にしてやろうと
思っているのですが 如何でしょうか?
「好きな道なら 楽しく歩く」です。
しかし 猪猟もあり 会社もあり アア〜〜忙しい。

2010/12/01(Wed) 08:10 [ No.511 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:joe@和歌山  引用する 
産卵は11月中旬でいったんお休みになって年明けの2月頃から再開するようです。再開の時期は気温により2月の初旬・中旬・下旬と前後するようです。(暖かい所は年中産卵・育児もあるかもです)。産卵が再開されますと育児により一気に貯蜜が消費されるので貯蜜が少ない群は、花の少ない2、3月が危険な月になるようです。桜が咲く頃まで行けば花蜜も豊富になるので大丈夫ということのようです。
私もスロー人さんのアドバイスもあり12月中旬で終了予定だった給餌を延長し暖かい日にはしてみようかと考えております。
京丹蜂さん、気温が5度くらいまで下がると巣箱の底に置いてある給餌器まで蜂は降りてこられないようです。
だから蜂球の横で給餌できるあのタオルの役目があると思います〜。私の場合は角胴なので下からでないと給餌できないので今この時期に大量給餌を続けています。どんどん給餌〜です。



2010/12/01(Wed) 20:56 [ No.514 ]
◇ Re: 給餌の量とタイミング 投稿者:joe@和歌山  引用する 
先週巣箱にドンゴロスを被せてきました。
発泡スチロールもよろしいのではないでしょうか。
巣箱内の温度を保つため貯蜜の消費が増えます。
で、私もドンゴロスの厚地を2枚被せました〜。
蒸れないかやや心配ではありますが・・・・

>丹後は冬は結構冷えます −2〜3度のときも 今建築中の廃>材として床に敷く発泡の端切れがあります それを巣箱の外>壁にしてやろうと思っているのですが 如何でしょうか?

2010/12/01(Wed) 21:33 [ No.516 ]

◆ 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

家族から、のプレゼント。
今日は勤労感謝の日です。



2010/11/23(Tue) 04:11 [ No.460 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

さて、本日は家庭菜園においてある群の移動です。
写真の矢印の先がその箱です。
友人に無理を御願いして長距離ドライブです。


車の修理は後回し!
またまた、蜂三昧な一日!です。



2010/11/23(Tue) 04:15 [ No.461 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

無事に京丹蜂さん宅に、運びました。
下から覗けるように、杭を立てて下板を外せるようにしました。

しかし、このミツバチに熊がおびき寄せられてくるような・・
取り越し苦労であれば良いのですが・・・



2010/11/23(Tue) 15:45 [ No.462 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

なにせ、イノシシの沢山いるそうで、
近所には近づかないそうですが、
同じ山に熊にいるそうです。



2010/11/23(Tue) 15:47 [ No.463 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:joe@和歌山 ホームページ  引用する 
皆様お疲れ様でした。
いい感じに仕上がりましたね〜。
巣枠式だから給餌も存分に出来ますし
下から内検出来れば、分蜂時期も分かりますね。

スズメバチは終了したようですし、後は問題の熊さんですね・・・・
熊避けにロープ張って鈴つけてもだめですか?

2010/11/23(Tue) 17:02 [ No.464 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:joe@和歌山  引用する 
画像をよく見ると巣箱から桟が出てます。
これは、横胴に変わったのでは?
あの桟の数からすると巣板をたくさん付けてるようですね。
京丹蜂さんしばらく給餌がんばらないといけませんね。
でもこれがなかなか楽しいですよ。
実家では父の日課になってます〜。

2010/11/23(Tue) 17:12 [ No.465 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:エピペン@愛知  引用する 
今晩はです。
勤労感謝?そうなんですね、我が家は何も無し^^;
可愛いマグカップですこと。
巣箱の移動は無事終了?
お疲れ様す!
車の修理?サンダーバード2号が故障ですか?
まさか翼を付けたりして^^?
  エピペン

2010/11/23(Tue) 20:21 [ No.466 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 
joeさん、おはようございます。
巣枠式のつもりで作った去年の箱ですが、
単箱と化しております。

横からの割り箸が見えますか?
先日全採りしましたが、育児圏は90%取り付けています。
写真があれば良いのですが、いつも取り忘れてしまいます。両手がベタベタで、慌しく一気に作業するからです。

エピペンさん、おはようございます。
サンダーバード2号は、本日緊急入院しましたが
ラジエターキャップの交換代950円で修理完了?

しばらく様子見ですが、完治したら、
また名古屋方面遠征しま〜す。

2010/11/24(Wed) 06:28 [ No.467 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者: ホームページ  引用する 
すずめさん
遠くから ご苦労様でした。
大切にお守りをします。
最近 現場の作業が忙しく 私も現場に出ています。
なかなか 返答が出来ませんが
では 現場に行ってきます。

2010/11/24(Wed) 07:22 [ No.468 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:joe@和歌山  引用する 
京丹蜂さん、こんばんは。
来春忙しくなりそうですね〜。
自群の分蜂も気になるし、他からの入居もきになるし・・・
待ち箱現在7つでした?
この冬にもっと量産しましょう〜。
キンリョウヘン、蜜蝋の用意もね!


2010/11/24(Wed) 22:01 [ No.469 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:ちゅんちゅん@静岡 ホームページ  引用する 
こんにちは〜
可愛いカップですねぇ、お嬢さんからもプレゼント頂いたんでは?
サンダーバードはロケット付けて3号になって宇宙に飛んでっちゃうとか(笑)
ますますパワーアップですね。



2010/11/24(Wed) 22:28 [ No.470 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者: ホームページ  引用する 
joe@さん
皆に見守られて 光栄なんですが 今までが今までですので。
逃げられたら どうどうどうどうしよう。

2010/11/25(Thu) 17:54 [ No.476 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 
京丹蜂さん、まあそんなに気にしないで下さい。
たとえ逃げても、逃げたかったのでしょうと!
熊が来たら、蜂さんには災難ですが、
熊には、美味しかったかいと!
自然に任せて、成るように成るでしょう。
一緒に楽しませていただいております。

2010/11/25(Thu) 21:36 [ No.477 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:joe@和歌山  引用する 
ならば、熊対策をしましょうよ。
ロープ張って鈴つけて、そこに100きんで売っている猫よけ用の・・・名前忘れました。地面から上に突起が出てる・・・あれです。あれを巣箱周りに配置しては?
あと落とし穴も作りたいですが、万一人が落ちると危険なのでそこまでは出来ないですよね。
京丹蜂さん、熊はもうそろそろ冬眠ではないのですか?


2010/11/25(Thu) 22:09 [ No.478 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:jiiji  引用する 

今晩は。初めてお邪魔します。

勤労感謝の日、uko@横浜さんと伊豆から帰ってきました。
伊豆の知人に罠猟を教えていただくために、20日から行っていました。地元の猟友会の方たちの狩猟に同行させていただき、そこでなかなか経験出来ない事を見学させていただきました。また、最新式の罠を作っておられる方から直接ご指導を受けるなど、収穫の多い3日間でした。
詳細はまたの機会に。



2010/11/25(Thu) 22:55 [ No.479 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 
jiijiさん、こんばんは。
ええー猟をされるのですか?知りませんでした。
蜂飼いの皆さんは、50%以上の確率で、猟もされる方が多いですよね。
蜂飼いは、菜園と猟の中間みたいな感じではありますが、
私もイノシシ猟には非常に興味があります。
また、色々教えて下さい。

PS:くれぐれもお怪我の無いようにご注意くださいね。

2010/11/26(Fri) 03:01 [ No.480 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者: ホームページ  引用する 
joe@さん
暖冬で 最近は冬眠しない熊がいるとか
落とし穴は違法ですが なりましょ・・か(笑)
ロープに鈴は良いアイデアですね。

2010/11/26(Fri) 07:13 [ No.481 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者: ホームページ  引用する 
jiijiさん
猟師されているのですか 私も猟師してから3年目です。
丹後は 猪が多いですよ 其の分被害も多いのです
市民の財産を守りましょう(笑) 趣味もかねて。 

2010/11/26(Fri) 07:23 [ No.482 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:jiiji  引用する 
奈良すずめさん、同行させていただいただけですよ。
私は殺生が嫌いでして……ナンチャって。

今や環境保護のために、鹿やイノシシを捕獲しなければ、これからの林業や農業が壊滅状態になると伺いました。
自然のバランスは微妙に均衡を保っているのですね。

京丹蜂さんはじめまして。
大阪にいる頃は、今の時期必ずと言っていいほど城崎温泉から柴山方面に出かけ、日本海の幸を味わっていました。
帰りに丹波黒を買って帰るのが楽しみでした。

これからちょこっとお邪魔させていただきます。

2010/11/26(Fri) 13:50 [ No.483 ]
◇ 食文化 投稿者:奈良すずめ  引用する 

はい。そうですよね
タブーな写真ではありますが、
自分のサイトなんで遠慮なしで掲載します。
感謝の念や食の恩恵を感じるべきだと思います。

正直、左の写真は我が家でも好評ではありませんでした。
お食事中の方や、ベジタリアンの方、ごめんなさいデス。

残酷なシーンですが、食文化だと思います。
鯨も牛もマグロも、鳥だって切り身では、生存していませんから!



2010/11/26(Fri) 22:03 [ No.484 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:摂津のG  引用する 
今日これと同じ位の猪解体しましたオウミヤが大きすぎて買わないとのことで引き取りに行きましたが解体して訳が分かりました。

2010/11/27(Sat) 21:09 [ No.492 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:joe@和歌山  引用する 
そのオウミヤというのは、「丹波篠山 おゝみや」さんですか?お正月に実家で牡丹鍋で頂いています〜。あの「おゝみや」さん?


2010/11/27(Sat) 21:16 [ No.494 ]
◇ Re: 勤労感謝の日 投稿者:摂津のG  引用する 
そぅです良質の物しか仕入れないので安心してお買い求めください。

本日の猟嫁は9人で大鹿1匹でした。

2010/11/28(Sun) 20:23 [ No.501 ]
◇ 猪の引き取り 投稿者: ホームページ  引用する 
摂津Gさん
 Gさんの所も おおみや ですか。
 世間一般の「丹波篠山」産 牡丹鍋の猪は どこ産?
 12月中旬ころの 脂の乗ったもので 雌で出産していないもの
 「赤」と呼ばれている 冬でも毛が赤っぽい猪 これは肉質が柔らかい
 または 30kg程度の雄・雌 これは焼肉用とするらしいです
 これらが 買取に優位な条件の猪のようです。
 今年は どこも捕獲がおおくて 結構厳しい目で 買取をしているようです。
 それ以外の獲物は 単価をたたかれてしまいます。

2010/11/30(Tue) 07:26 [ No.503 ]

◆ 人が熊に出会う時 投稿者:のんの  引用する 
奈良さんこんにちは。
こんなページがあるなんて、知らなかった。「秘蜜の部屋」ですか? エピさんも教えてくれませんでした。

熊が人に出会う時
@ 人目に付く柿の木に登ってしまった時
A たまたま通りかかつた、所に在ったミツバチの巣箱から蜜を失敬した時
B 罠に掛ってしまった時
C 間違って人前に出てしまったオッチョコチョイの熊
D 人が餌付けしてしまった時
E 間違えて人の家を家庭訪問した時(この場合は子狐ごんでさえ撃たれてしまいます)
多分上のような場合だと思います。(ここを熊が通ったよというお知らせになります。以後※注意)

2010/11/27(Sat) 16:41 [ No.486 ]
◇ Re: 人が熊に出会う時 投稿者:摂津のG  引用する 
のんのさん初めまして。
私が熊と鉢合わせした時10m位で睨み合いになったが携帯が鳴り熊がくるりと向きを変え逃げていきました。
10月頃山の地形を見に行った時のことでした。
熊は音には敏感な様です。

2010/11/27(Sat) 18:58 [ No.489 ]
◇ Re: 人が熊に出会う時 投稿者:のんの  引用する 
摂津のGさんこんにちわ

 熊が人に出会う時?は、たぶん、人が静かに山を歩き、熊が不意打ちをくったときだと思います。

 人が熊に出会う時は、不用心な人間が、熊がいるはずがないと思い込んで活動を続けた時だと思います。

 先月、友人から「巣箱を置いた近くの人から蜂が騒いでいると連絡を受けたんだが今の季節に分封するのだろうか?」という電話。今、現場に向かっているという。
「熊の危険性があるので気をつけて。」と言うと「熊が出るような所じゃない。」との返事。次の日にやはり熊に出くわしたが、注意していったのでよかったとのこと。
 山続きの里山には何処でも熊がいると思っていた方が無難、ただ先方が注意をしているので出会わないだけ。
 
 熊は何処にでもいます。人が気が付いていないだけです。 

2010/11/28(Sun) 14:33 [ No.496 ]
◇ Re: 人が熊に出会う時 投稿者:奈良すずめ  引用する 
のんのさん、おはようございます。
ミツバチ営巣の撤去依頼を受け付けるHPに付けたおまけのブログです。内緒にしてるページは工事中のWikiとかで〜す。

のんのさんのところも熊ででるんですね。
野生の熊に出会ったことも、見たこともありません。
のんのさんの、忠告通りに用心するようにしていますが、
四六時中ではないので、忘れた頃が危ないのでしょうね。

2010/11/29(Mon) 05:58 [ No.502 ]

◆ 20Kg 投稿者:奈良すずめ  引用する 

純粋なタレ蜜が、買い物籠に半分ほどです。
今回のこの一群で20kgのタレ蜜がとれました。
育児圏と絞りかすの給仕に5kgは返却していますし、
コムハニーで近所に配りまくった分や
蜜蝋を含めると25kどころではなく30k以上だったようです。



2010/11/27(Sat) 05:15 [ No.485 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:joe@和歌山  引用する 
こんにちはです。
20kgはすごいです〜。ご近所さん喜ばれたことでしょう。
京丹蜂さん宅に嫁入りも無事すまされ、今はすこし寂しいのではないでしょうか?そして京丹後でもがんばれよ〜の気分でしょうか。冬に蟹食べに行った時、京丹蜂さん宅おじゃまして見て来ますね。

本日実家10月入居群にドンゴロスを被せてきました。
一度重量を確認しようと巣箱を持ち上げました。
重い〜、かなり貯蜜が進んでいます。
3週間前は軽くて越冬を心配してたのですが、3週間で6Lの砂糖水とセイタカの効果のようです。もうすぐ枇杷が満開を迎えます。こちらも期待できそうです。

2010/11/27(Sat) 17:04 [ No.487 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:joe@和歌山  引用する 
明日ミツバチ捕獲装置作成予定です。
分からないことがあれば電話しますのでよろしくお願いします。衣装ケース、掃除機は用意しました。

来春、「奈良すずめさん」と「ごんちゃん」指導の下デビューしますよ〜。

2010/11/27(Sat) 17:16 [ No.488 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:カミナリ@静岡  引用する 
さ、!さ!さ!30キロ?
羨ましい〜〜〜〜〜!
よっぽど密源があるんですね?
私の所なんか1年で11センチの重箱が1段採蜜出来る位なものですから本当に羨ましいです。
良かったら今度蜂場見学させてください。
必ずお邪魔に伺いますので(^^)

2010/11/27(Sat) 20:12 [ No.490 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:摂津のG  引用する 
joe和歌山さん、こんばんは捕獲器作成頑張ってください、
箱の内圧は200mm位にしてください、400mmでは作業時間が長くなると犠牲がでます。

2010/11/27(Sat) 20:52 [ No.491 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:joe@和歌山  引用する 
ごんちゃん〜!(すいません、馴れ馴れしくて)
内圧の調節なんて出来るのですか?

2010/11/27(Sat) 21:09 [ No.493 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:摂津のG  引用する 
joe@和歌山さん、内圧の設定は重要です、これで失敗している方がたくさんいます。
次に風量も大切です、いろいろな現場に対応できることも必要です。

2010/11/27(Sat) 21:21 [ No.495 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:joe@和歌山  引用する 
日立のかるワザという掃除機なんですが手元スイッチに「強」「じょうたん」「ゆか・たたみ」と3段階があります。
これが内圧の設定ですか?これは風量かな?
どちらにしましてもこれは簡単には作れません〜。
ジャバラと衣装ケースの接合部も厄介そうです。
本日ギブアップです。正月休みに廻します。

2010/11/28(Sun) 16:20 [ No.497 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:奈良すずめ  引用する 
joeさん、こんばんは。
昨日は、さとちゃんちに行ってきましたよ。
持ち寄った食材で、贅沢な忘年会でした。

2010/11/28(Sun) 19:52 [ No.498 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:奈良すずめ  引用する 
カミナリさん、こんばんは。
えへへ、誉められると天狗になっちゃいます。
自宅群もほぼ、同じ位でもうひと箱あります。
実家の群も正月に採蜜してみる予定で〜す。

2010/11/28(Sun) 19:59 [ No.499 ]
◇ Re: 20Kg 投稿者:奈良すずめ  引用する 
ゴンちゃん(GOんさん)、どうもです。
捕獲装置の工夫はおもしろいですよね。

JOEさんも、はまってますからね〜、
皆で楽しくやりましょう。

2010/11/28(Sun) 20:19 [ No.500 ]

◆ お嫁入り先 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

京丹蜂さん宅は、なかなかの環境です。
ご自宅の北側が斜面になっていて、大きな栗の木があります。
この真下への設置です。



2010/11/25(Thu) 03:31 [ No.471 ]
◇ Re: お嫁入り先 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

巣枠式モドキですが、ヤジロベエ方式でした。
撤去捕獲したのは去年の夏です。

今秋、全採りしました。
20Kgオーバーの貯蜜でした。



2010/11/25(Thu) 03:42 [ No.472 ]
◇ Re: お嫁入り先 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

写真の巣板を5〜6枚、同じ箱に付け帰しています。
後からの給仕を合わせても5Kgほどしか貯蜜を持っていません。

この冬を乗り越えるには、給仕して頂く必要があります。



2010/11/25(Thu) 03:50 [ No.473 ]
◇ Re: お嫁入り先 投稿者:奈良すずめ ホームページ  引用する 

今度は、横からの剣山方式で付けてあります。
蜂の数は、箱の半分以上ビッシリといます。

もう寒い季節になりましたので、逃避の可能性は
低いのですが、この冬を乗り越えるられるか?
数がいるので大丈夫と考えています。

あとは、熊さんに嗅ぎ付けられませんように・・
京丹蜂さんは「大丈夫!ここには来ない」と仰っていたのですが、よくよくお聞きすると、「近所の柿木は登っていた」とか・・・

ええ〜!「そりゃやばいですよ!」と言いつつも興味津々です。



2010/11/25(Thu) 04:02 [ No.474 ]
◇ Re: お嫁入り先 投稿者: ホームページ  引用する 
グエ〜〜〜〜。
責任重大ですね すずめさん プレッシャー掛けないで下さいヨ。
いい天候がつづいています 日中飛んでいるのかどうかが
確認できませんが 今夜タオルに給餌します。

2010/11/25(Thu) 17:48 [ No.475 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277]

 (コメント数)
--- タイトル ---








 (0)
・無題