このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

◆ 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 

越冬群です、キイロスズメバチが来ています。
雄蜂が頻繁に出入りしていました。
もう一つ、この近くのも雄蜂が居ました。
秋分蜂って、聞いたことがないのですが・・・



2014/09/22(Mon) 23:41 [ No.13009 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 

近くに置いているのですが、こちらは零才群で他所から持って来たものです。
働き蜂産卵による雄蜂なんでしょうか。
分蜂してくれるのを期待しているのですが・・・^^



2014/09/23(Tue) 00:03 [ No.13010 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:joe@和歌山  引用する 
ダハハハ〜いよかんさん楽しんでおられますね^^
ニホンミツバチだもん何が起こるか分かりません〜

下の画像の雄は小さめでしょうか?
ちょっと気になりますね・・・

さて私は本日墓参りを兼ねてこの週末に採蜜する巣箱を確定してきます。弟子二人にカッコイイところ見せなくては〜^^
半袖に面布なし?
いやいや「上半身裸に面布なし」でしょう〜^^

2014/09/23(Tue) 06:40 [ No.13011 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 
いっそ、すっぽんぽんでやったら ーー

2014/09/23(Tue) 08:45 [ No.13012 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:バチ  引用する 
 それはいいですね^^
鬼に金棒です。
羨ましいかも・・・爆。

2014/09/23(Tue) 10:49 [ No.13013 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:しの@岡山  引用する 
2008年9月19日、秋分蜂しました。
ソフトボール大の分蜂群はなんと
500m離れた蜂友さんの庭へ\(◎o◎)/!
その群への給餌の相談でスロー人さんと
お知り合いになりました(*^^*)

2014/09/23(Tue) 20:03 [ No.13014 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 
しのさん
あるのですね 秋分蜂って!
知りませんでした。

500m離れた蜂友さんの庭へ飛んで行ったというのが、また凄いお話です。
そうですか、そこでスロー人さんとね。
色々教えて頂いております。
ありがとうございます。

2014/09/23(Tue) 20:47 [ No.13015 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:奈良すずめ  引用する 
セイタカアワダチ草がこれから咲きますから
分蜂群も貯蜜ができるのでしょうね

三段程で放ったらかしにしていた群などは
パンパンになっていますので、分蜂しそうなのが有りますよー

2014/09/24(Wed) 08:15 [ No.13016 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:霧島  引用する 

いよかんさん!1枚目の画像。
ナメクジの這い回ったあとが〜・・・

雨上がりの夜には巣門の前に数匹張り付いています。
ナメクジが門番を捕獲した所を目撃したいのですが。。。

はたして何の為に巣門に張り付くのか疑問に思っている霧島です。

すずめさん!九州蜜蜂会では丸胴から重箱への移し替えの実習教育有難う御座いました。
又、来年の指宿をお待ちしています。有難う御座いました。



2014/09/24(Wed) 20:43 [ No.13017 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 
霧島さん
カタツムリかも知れませんよ。

>ナメクジが門番を捕獲した所を目撃したいのですが。。。

あはは〜 それは、凄い動画になりますね〜^^

面布等の防備をしっかりとして作業をされていますね。
さすがです。
特に、こういう所では初心者も居ることでしょうから、基本をしっかり示すことが大切だと思います。
作業現場でヘルメット等の着用を徹底的に叩き込むのと似ています。
ミツバチでも眼球を刺されると失明することがあるそうですから。

2014/09/25(Thu) 00:42 [ No.13018 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:奈良すずめ  引用する 
およよ・・・
霧島さん写真とってらしたんですね。

ベテランの皆さんが沢山いらっしゃるので。別に私が実演しなくてもいいような気もするのですが・・・

霧島さんのお気遣いなんだろうなーと思いつつ喜んでやらせていただいております。

無事に開催できて本当に良かったです。
実演している最中は本当に雨止みましたね。
皆さんどうもお疲れさまでした。
霧島さんありがとうございました。

2014/09/26(Fri) 05:43 [ No.13019 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 
今のところ分蜂は確認できておりません。
変成王台が造られたのでしょうか?

隣り合わせる2群で時期外れの雄蜂が同時に産出されたことの意味を知りたいものと思っているところです。

2014/10/01(Wed) 07:47 [ No.13020 ]
◇ Re: 秋分蜂・・・? 投稿者:いよかん  引用する 
結果をご報告いたします。
2群とも消滅していました・・・^^;

2014/10/14(Tue) 12:17 [ No.13060 ]

◆ 前途多難です(パート2)。 投稿者:  引用する 

奈良すずめさん。はちみつやまさん。貴重なご意見ありがとうございます。

農薬のようですけども、違うかも・・確かに断定はできませんよね。

農薬が幼虫だけに影響を与える(子捨て:既に死んでいます)状況は、蛹や成虫に害が及ばないことを示しており、微量の蓄積でそうなる可能性はあれどもそこまでうまく調合(収集)できるのか?の疑問を感じます。

田舎の園芸作物が限られた水田と山が隣接した地域で、使用している農薬が限られており、5月末から広範囲に発症している状況から農薬への疑念はあれども違和感が残るのです。

1〜2群ずつの分散飼育ですが、その場所に待ち箱を2個置き、分蜂群を誘引剤やキンリョウヘンで入居していただきました。近親相姦の可能性もありません。

時間をかけて周辺の状況や飼養家の有無を確認し、自然巣(親巣)からの距離を分蜂範囲:100〜400mを目安に設置しています。・・・その親巣4ヶ所も今は全滅です。

蜜枯れについては、まずないと思っています。子捨て症状が始まって、砂糖水や蜂蜜ドリンクを与えましたが、ほとんど興味を示しませんでした。コップ一杯を2日かけて消費するほど活性がありませんでした。

巣箱が空になったとき、蜜蜂の幼虫は1群を除いて皆無でした。写真4枚で公開したように幼虫と花粉を捨てていますから、巣板の下から露出します。

急遽逃げたのは自宅群の1群で、ちょっかいを出し過ぎて嫌がられたと確信しています。

女王の産卵能力が落ちたかはわかりませんが、消滅前までシバリングしていたことから、健在だったと思います。雄蜂も飛んでいません。

諸々のことから、農薬の可能性は否定できないもののウィルス(特にサックブルド病:SBV)を疑っています。アカリンダニも影響を与えているでしょう。・・・難しい。



2014/09/18(Thu) 22:22 [ No.12997 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:いよかん  引用する 
どじょっこさん こんばんは。

農薬なのか、病気なのか、ダニなのか、はたまた・・・ 難しいですね。
花粉を落しているのが、ちょっと気になります。
盗蜜にあっているということはないでしょうか。
盗蜜というのは、相手がセイヨウミツバチなら直ぐに分かりますが、ニホンミツバチの場合は注意深く観察しないと分からないものです。
盗蜜されている方もしている方も蜂の動きは同じで、やっぱりちょっとおかしく感じますね。
急に勢いがよくなって、同じ方向にビュンビュンと飛び立って帰って来ます。
巣箱を観察して、飛び立つ蜂の腹が大きくて帰って来る蜂の腹が小さかったら被害者側で、逆が加害者側ということになります。
これは近くの群れと群れの間で起こることですから、どじょっこさんのケースは当てはまらないかも知れません。
あまり参考にならなくて・・ すみません。

2014/09/20(Sat) 00:56 [ No.13000 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:joe@和歌山  引用する 
wakaba@どじょっこさんおはようございます。

サックブルド病:蛹前の幼虫が袋状になって頭部側に水がたまった状態になるのでこの名前がついたとなっております。
そういう状態なのでしょうか?

蜂児出しの原因は他にもいろいろ言われておりますがウイルスだと厄介ですね。私はウイルス以外だと巣箱内の温度が影響しているように感じます。

2014/09/20(Sat) 06:53 [ No.13001 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:  引用する 

わかばマーク(初心者)のどじょっこです。いよかんさん。joe@和歌山さん。アドバイスありがとうございます。

花粉を捨てているのは、花粉に農薬が付着した(染み込んだ)。あるいは湿度が高くカビたのかと最初は不安でした。・・・底板をスライド式にしていたので、掃除や内検のために確認すると、すべての巣箱で幼児だけでなく花粉も落としていたからです。〜〜これに関しては頭の整理ができていません〜〜

盗蜜については、じっくり観察していると面白いです。盗む側は用心深く、おどおどしながら巣箱に近づきます。身体も軽いので機敏です。・・・若蜂と同じ様な行動をとりますが、門番がしつこく追い払います(負けますけど・・・)。

サックブルード病(SBV)については、山口県(2010)や島根県(2011)の研究・調査報告があり、ついに来たかの思いもあります。ただ、症状は腐そ病に酷似しており、「蛹前の幼虫が袋状になって頭部側に水がたまった状態になる」にはならないと思います。・・・そうなる前に和蜂はセッセと片付けてしまうから。

巣箱内の温度ですが、いつか「おんどとり:温度や湿度の測定器」を設置したいと思っています(パソコン処理できるので)。そうすることで和蜂に最適な環境が提供できるかな?と思っています。

ちなみに最後まで頑張っていた巣箱の全景写真を添付しました。
基礎はブロックのコの字型、底板はスライド式にして、その上に6mmのスペーサーを入れて通気性を高めています。巣箱の板厚は35mm、外寸320mm、内寸250mm高さは240mm(採蜜型:120mm)として、寒暖差や湿度変化を少なくしようとしましたが、正解かどうかわかりません。ただ、飛び立つときは上のスリットや出入り口からですが、帰巣するときは圧倒的にブロックから底板を昇っていきます。身体が重たいからかな・・・。

農薬被爆やウィルスであろうとダニや天敵類であろうと、和蜂は打ち勝つ生命力や適応性を持っていると信じています。ただただ見守るだけかも知れませんが、彼女らにしてみれば、それさえ自然の摂理に反する行動かも知れません。飼育されているのは私達かも???・・・アハハ・・・





2014/09/20(Sat) 23:04 [ No.13002 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:いよかん  引用する 
wakaba@どじょっこさん こんにちは。

死んだ幼虫の子出しをするニホンミツバチとそれをしないセイヨウミツバチでは、同じ病気でも巣の中や死んだ幼虫の状態が違ってくると思います。
ミツバチの病気に関する資料のほとんどはセイヨウミツバチの症例ですので、それをニホンミツバチの診断に当てはめて使うのは無理があるような気もします。
仰るとおりで、病気の特徴が出てなくてもサックブルード病の可能性は否定できませんね。

症例、ニホンミツバチの場合はこれからでしょうね。
そういう意味でも、こういう情報交換は大切だと思います。
一度、県の家畜保健衛生所へ連絡してみたらどうでしょうか。

2014/09/21(Sun) 12:46 [ No.13004 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>県の家畜保健衛生所へ連絡してみたらどうでしょうか

賛成です。

2014/09/21(Sun) 18:04 [ No.13005 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:奈良すずめ  引用する 
wakaba@どじょっこさん、こんばんは。

九州日本蜜蜂オフ会に参加してきましたので、
しばらく留守にしておりました。

巣箱の様子を詳しく教えていただきありがとうございます。
なんとも不可思議な状況ですね。

私も少々の子捨てよく見ますが、原因とかはよくわかりません。
オフ会でも、子捨ての話が持ちきりでした。
ベテランの先輩方も「ううーん?と悩んでおられます。

いよかんさん、やjoeさんも相当お詳しい方々ですが
これには悩みますよね

2014/09/21(Sun) 21:14 [ No.13007 ]
◇ Re: 前途多難です(パート2)。 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>いよかんさん、やjoeさんも相当お詳しい方々ですが

管理人さんおはようございます。
「蜂児だし」はあまり経験がなくて詳しいまでは行きません。
ちょうどこのスレの下の画像の巣箱で3年前に本格的な「蜂児だし」を1度経験しただけです。
他の群はまったく正常なのにこの巣箱群だけの状況でした。
この1群だけでしたので農薬、ウイルスは否定でき、他の巣箱との違いは巣箱の構造だけ(日当たりに多少の違いは存在)。
他の巣箱は6mmのスペーサーを入れ4面開放でした。
なので換気・温度を疑いました。結局逃亡しましたが、その冬に盛上げ巣箱に改造するため天板をスノコ形式にしたらそれ以降「蜂児だし」は起こっていません。換気・温度が関係していると考えている理由ですが、wakaba@どじょっこさんの場合は自然巣を含めて全群ですので、農薬・ウイルスが疑われます。
今後のこともありますので是非検査を受けて見て下さい。

2014/09/22(Mon) 06:37 [ No.13008 ]

◆ スズメバチ対策 投稿者:joe@和歌山  引用する 

4面開放巣箱は特に対策はしません。
唯一形状の違うこの巣箱に8mm亀甲金網を付けてきました。
しばらくは入りずらそうですが数日で馴れます〜^^
この巣箱盛上げ巣用に改造したんですが上段に巣箱置くの忘れてました・・・(泣)



2014/09/15(Mon) 17:42 [ No.12981 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:奈良すずめ  引用する 
joeさん、こんばんは。
スズメバチの季節ですね!

今日は、8チャンネルのオフ会でしたが、
私は忙しくって行けませんでした。

来週は九州のオフ会ですが、こちらには参加してきます。

2014/09/15(Mon) 23:27 [ No.12982 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:いよかん ホームページ  引用する 
おはようございます。

joeさん 
お目に掛かれて嬉しかったです。
2年ぶりですか、ますます男っぷりを上げておられましたね^^
玉川大学の中村教授の講演を聞いて、ニホンミツバチの場合は換気と人間がいじらないことが大切だということがわかりました。
「巣屑を掃除するのはもってのほか」と言われたのが印象に残っています。
4面解放が主流になるような気がします。

奈良すずめさん
お会いしたかったです・・・
来年は静岡で開かれるそうです。
ちょと遠いですが、頑張って行きたいと思っています。
お会いできると嬉しいのですが^^

2014/09/16(Tue) 07:58 [ No.12983 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:joe@和歌山  引用する 
いよかん、こんばんは〜^^
「換気」の重要性、これですよね。かなり前からいよかんさんは既に4面開放巣箱でしたもんね。う〜ん、今更ながら感動です。で、私も4面開放取りいれて3年目、逃亡率が激減(@@;
入居率は4面開放はどうか・・・
今年2面開放でチャレンジしましたら問題なし(3群入居100%)。来年は4面開放で待箱ですね〜
4面開放の良い所は、換気+巣くず処理をしなくていいこと(バッチリですね〜^^)

PS
玉川大学の中村教授の講演のお話。ミツバチと人間の関係です。「ミツバチは人類の登場を300万年以上待っていた」
、「ミツバチはハチミツで人類を虜にした」

で感想です。
蜂飼いはミツバチの手の平で転がされてるんでしょうか〜^^;

2014/09/16(Tue) 21:37 [ No.12984 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:はちみつやま  引用する 
joeさん、こんばんわ。

ご無沙汰してました。来られていたとは思わなかったので、びっくりしました。

>で感想です。
蜂飼いはミツバチの手の平で転がされてるんでしょうか〜^^;

中村先生の話を聞いて、同じことを感じました。
本当に面白い話でした。



2014/09/16(Tue) 23:38 [ No.12985 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:奈良すずめ  引用する 
いよかんさん、こんばんは!
お会いできなくって残念です。
来年の静岡もそうですが、またお会いできる機会を楽しみにしております。

>蜂飼いはミツバチの手の平で転がされてるんでしょうか〜^^;
joe@和歌山さんも実は女性の手の平で転がされているんですよね?

はちみつやまさん、巣箱当たってよかったですね。
しかも森本さんの巣箱だなんて!絶品ですから。

2014/09/17(Wed) 03:52 [ No.12987 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:いよかん  引用する 
はちみつやまさん こんばんは。

お会いできて嬉しかったです。
教授の講演、面白かったですね。
「今のところ、人間はミツバチにとって役に立つ家畜」だって。
笑わしてくれましたね〜^^

2014/09/17(Wed) 20:29 [ No.12988 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:はちみつやま  引用する 
いよかんさん、こんばんわ。

>「今のところ、人間はミツバチにとって役に立つ家畜」だって。

本当に笑ってしまいますよね。
少し違うかもしれませんが、牛や豚もそんな感じかもしれませんね。

2014/09/17(Wed) 21:16 [ No.12989 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>「今のところ、人間はミツバチにとって役に立つ家畜」

はちみつやま君、牛・豚とは全く違います。
ネコと人間の関係でしたよね。
分かりやすい表現ですね。ネコは人間を利用してそうですもんね。首輪の付けられず、予防注射もされずでね〜^^
猫も人間の出現を待っていたのかも知れませんね。

2014/09/17(Wed) 22:16 [ No.12990 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:はちみつやま  引用する 
joeさん、こんばんわ。

>はちみつやま君、牛・豚とは全く違います。

>ネコと人間の関係とのことでしたね。

例えが悪かったです。猫の例えがただしいですね。
失礼しました。

2014/09/17(Wed) 22:52 [ No.12991 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:合歓  引用する 
キイロスズメバチが巣付近をうろついてます
前に8mm網を設置したとこいやがる様子なので
はずして八ミリに切ったアルミを貼り付けております。
涼しくなっても4面開放のほうがよろしいですか?
あとスズメバチ餌捕獲器を設置してます、壱匹も入ってる様子なさそうですが。
驚いているのか巣落ちなのか今までなく前面の板に蜂がついています理由はなんでしょうか?スズメバチ?
他にいい方法があれば教えてください。

2014/09/18(Thu) 13:03 [ No.12992 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:いよかん  引用する 
合歓さん こんばんは。
キイロスズメバチは単騎で蜂を捕まえに来ているだけなので、それほど警戒する必要はないと思います。
うっかり、巣の中に入ろうものなら、たちまち熱殺されてしまいます。
よく、巣箱のなかに転がっているキイロスズメバチの死骸を見かけます。

恐ろしいのはオオスズメバチです。
これは集団で襲って来て、蜂を皆殺しにして幼虫を持って帰ります。
これを防ぐのは「門」しかないようです。
私は巣門の幅を7o以下にして、かじって広げられないようにしてあります。(4面解放なら特別なことをする必要はありません)
要は、オオスズメバチだけ注意したらいいと言うことになりますか。

>今までなく前面の板に蜂がついています理由はなんでしょうか?

これはニホンミツバチ特有の小型スズメバチ対策ですね。
巣門の外に群れて、スズメバチが近づいたら一斉にお尻を振るシマリングをして威嚇します。
オオスズメバチの場合は巣箱に逃げ込んで籠城するしかないようです。
門が破られたら、それまで・・・

>涼しくなっても4面開放のほうがよろしいですか?

暖地でしたら、一年中4面解放でいいと思います。

2014/09/18(Thu) 20:50 [ No.12993 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:霧島  引用する 

こちら霧島の日本蜜蜂、大スズメ蜂こちらでいうクマ蜂に3群
やられました。
この巣門は右端を齧られ侵入され全滅。。。
格闘の名残、大スズメ蜂が熱殺され底板に3匹転がっていました。
何とも言えない光景です。



2014/09/18(Thu) 21:27 [ No.12994 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:jiiji@横浜  引用する 
joe@和歌山さん、いよかんさん、はちみつやまさん、こんばんは。

西条での8ちゃんねるオフ会でお会いしていたにも関わらず、お名前と顔が一致せず、大変失礼いたしました。
はちみつやまさんは、森本さんの巣箱が中を取り持ってくれたおかげで、声をお掛けすることができましたが・・・

中村先生のお話は例えが適切で、とてもわかりやすかったですね。目からウロコとはこのことだと思いました。

来年のオフ会は静岡で開催することになりましたが、伊豆でニホンミツバチを飼育しているので、私もお手伝いすることになりそうです。よろしくお願いします。

2014/09/18(Thu) 21:33 [ No.12995 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:いよかん  引用する 
霧島さん やられましたか。
まあ、これも自然の摂理といえるのでしょうか。
オオスズメバチも群れのために死を覚悟で突入しているのかも知れませんね。
人を刺す、ミツバチを襲う、などで悪者のイメージがあるオオスズメバチですが、害虫を食べてくれるとうことで人間に利益をもたらす益虫でもあります。
それも頂点に近いのではないかと思っています。
でも、良いことをされた・・・ とはよう言いませ〜ん^^
残念でございました。

2014/09/18(Thu) 22:13 [ No.12996 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:いよかん  引用する 
jiiji@横浜さん こんばんは。

8ちゃんねるオフ会ではお世話になりました。
伊豆ですか! まあ よい所にお住まいで・・・
中村先生の要点を搾ったお話は大変解りやすくて それにまた、大変面白かったですね。

来年も頑張って、行きたいと思っております。
その時は、よろしくお願いします。

2014/09/18(Thu) 22:58 [ No.12998 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>涼しくなっても4面開放のほうがよろしいですか?

合歓さんおはようございます。
4面開放は換気とオオスズメバチ対策も兼ねています。
出入り口が4面全てなのでオオスズメバチに的を絞らせないことになります。私はこれ以外スズメバチ対策はしません。
当地では11月中旬までスズメバチを見かけますので11月中は4面開放です。できれば年中4面開放で通したいのですが、和歌山北部の冬は厳しい寒さが続きますので・・・

2014/09/19(Fri) 05:52 [ No.12999 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:合歓  引用する 
皆さんありがとうございます
今日もキイロスズメバチが相当来てました
1匹を捕獲し罪悪感がありましたが粘着シートにつけてきました。

joeさん
大スズメバチが来ても四面開放だとあまり被害はありませんか?

今のところオオスズメバチは確認できていませんが近くにいれば必ず近寄ってくるもんなんでしょうか?
不安です。

近くの神社5月確認時2群8月確認時1群九月確認時2群となってます、こんな時期でも分蜂したりするんですかね?

こちらは奈良の山奥なので早い時期に開放はやめむしろ寒さ対策をしないとまずそうです。
発泡スチロールとかで囲うのはどうでしょうか?

2014/09/20(Sat) 23:18 [ No.13003 ]
◇ Re: スズメバチ対策 投稿者:joe@和歌山  引用する 
>大スズメバチが来ても四面開放だとあまり被害はありませんか?

入れないからそのうち諦めるようです。
昨年は15群全て被害なしでした。(スズメバチが侵入する箇所がないか確認が重要です。)

>こちらは奈良の山奥なので早い時期に開放はやめむしろ寒さ対策をしないとまずそうです。

箱を持って重ければそんなに慌てる必要はないと思います。
私も最初の頃は12月にドンゴロス巻いてました〜^^;
去年からそのドンゴロスも止めました。越冬2群失敗でしたが蜜切れではなく蜂数不足による温度維持ができなかったと理解してます。ドンゴロス巻いてたら・・・どうだったんでしょうか?

2014/09/21(Sun) 18:17 [ No.13006 ]

◆ 前途多難です。 投稿者:  引用する 

今年15群(1群:自然巣、2群:無王群)で実質12群の養蜂開始が、最後の1群となっていました。すべて、子捨てから衰弱し、消滅や逃去を確認しています。
その最後の1群も8/12から子捨てが始まりました。衰弱していく様子を報告します。来週には消滅するでしょう。まずは8/21の状況です。
対策はないでしょうか?乳酸菌が有効などと聞きますが、やり方がわかりません。



2014/09/13(Sat) 09:19 [ No.12969 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 

8/29の状況です。巣板が見え出しました。



2014/09/13(Sat) 09:23 [ No.12970 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 

9/5の状況です。巣板全体が見えます。



2014/09/13(Sat) 09:25 [ No.12971 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 

9/12の状況です。おばあちゃん達が1,000匹位いるでしょうか。来週には消滅しスムシの天国となるでしょう。



2014/09/13(Sat) 09:28 [ No.12972 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:摂津のG  引用する 
もう手遅れのようですが86netさんところに蟻酸処理が出ていますので今後の参考にされてはいかがでしょうか?

2014/09/13(Sat) 20:39 [ No.12973 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:奈良すずめ  引用する 
悲惨な状況ですねー
奈良でも全滅したりする場所もありますが、
多群養蜂している所がそうです

一群のみの設置にしてある場所では強群ですよ
どじょっこさんのこの群は病気であったのなら分散飼育がいいとおもいます
でも、農薬だったらどうしようもないですね

2014/09/14(Sun) 09:59 [ No.12974 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 
今年から和蜂の飼育希望者や興味のある方々と一緒に10人で取り組んでいます。自宅周辺では、500m〜2kmずつ離れた所で5ヶ所(標高10〜50m)、30〜40km離れた所4ヶ所(標高50〜350m)で、1〜2群ずつ分散飼育しています。
そのいずれも5月末から子捨てが平地の各地で始まり、最後の1群は中山間の標高の高い所です。
1群については、巣門前の和蜂の死骸から農薬を疑いました。しかし、自宅周辺で10年以上も栄巣していた自然巣4ヶ所が、尽く消滅しています(子捨ては確認していませんが、同時期に衰弱していました)。
分散飼育しており、強勢群でも壊滅的なダメージを受け、広範囲の発生からSBVを疑っているのですが定かではありません。
何が起きているのか??対策はどうすべきか??自問自答しており、アドバイスをお願いします。

2014/09/14(Sun) 19:12 [ No.12975 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:通りすがり  引用する 
はっきり言って、ネオニコチノイド系農薬の影響ですね。!

ネオニコチノイド系農薬の特徴は、浸透移行性・残留性です。
「浸透移行性・残留性」=農薬成分分解まで約1年間
従来の有機リン系農薬は残留20日なので、訪花蜂が散布等の直接曝露を受けた場合に、被害を受けます。

ネオニコチノイド系農薬は散布した神経毒が、植物体内に「浸透移行」するので、洗っても落ちない毒性が緩慢(1年間)に訪花蜂or蜂群に悪影響を与え、徐々に免疫機能を低下させます。
免疫機能低下=さまざまな蜂病を誘発します。

2014/09/14(Sun) 21:15 [ No.12976 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 
wakaba@どじょっこです。
通りすがりさん。コメントありがとうございます。

ただ、断定は控えて欲しいです。私も稲作農家ですから、農薬の成分と使用方法はある程度わかっています。

断定できるのであれば簡単です。根拠を示し証明するだけですから・・・。

ネオニコチノイド系農薬:種類や使用量を知っていますか??
有機リン系農薬:成分・農薬名と効果や影響は??

ネットでミツバチに対する影響やバイオロジカルコントロールを検索して見ると結構、奥深いですよ。

また、各県のHPや養蜂組合から蜜蜂に対する影響表が公開されているので、稲作を含めて栽培農家は機敏に対応していると思います。

農薬会社も生態系に及ぼす影響を考慮しつつ、微生物や天敵を利用してミツバチ、マルハナバチに影響が出ないように努力していると思います(希望ですが・・・)。

農薬取締法に抵触する様な使用は、田舎ですることは絶対出来ません。・・・入手先、使用者、使用方法や使用時期がすぐにわかります(誰が何をしているかが見える!)。第一、生産者の私達が農薬に汚染(被爆)する!

私の地域でも約10年前からネオニコチノイド農薬は使われているのです。それでもなお、今年に限って何が起きているのかを確認(検証したい!)しているのです。何故なのか・・・。

通りすがりさんが、農薬そのものを否定するのであれば、何も言えませんが。私は・・・薬も毒も使い方次第・・・の心境なのです。

来年、和蜂が飛び交う田舎の風景を想像しながら・・・。


2014/09/14(Sun) 23:52 [ No.12977 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 
-----ご依頼により削除-----

2014/09/14(Sun) 23:52 [ No.12978 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:  引用する 
すみません。同じ文章がダブって出ました(パソコンフリーズ中に・・・)。Vistaはもう駄目か・・・。
一つを消して下さい。迷惑かけますが、よろしくお願いします。

2014/09/15(Mon) 00:00 [ No.12979 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:奈良すずめ  引用する 
wakaba@どじょっこさん、こんにちは!

農薬のようですけども、違うかも・・
確かに断定はできませんよね

私の企業に勤めるサラリーマンです。(ちょっと怪しいけど)
日本の企業が自滅するような農薬を営利主義だけの浅ましい気持ちだけで製造販売しているとは思えませんし、そう信じたいです。

幸い昨今はこのようなNETもありますから、
色々な情報交換ができますので、真相解明に向けて
自分なりでの仮説検証を進めて公開することができます。

wakaba@どじょっこさんがおっしゃる通りで、
根拠を示し証明するだけです。
そして更にその証明が正しのか、信憑性があるのか?
喧々諤々!通りすがりさんのご意見もまたこれしかり

そうかもしれない!、違うかもしれない!・・・・と
みんなで探索、研究、することが面白いですよね。
異変に気がついた我々が、ささやかながら蜜蜂君達の為にもなれば幸いです。

2014/09/15(Mon) 11:34 [ No.12980 ]
◇ Re: 前途多難です。 投稿者:はちみつやま  引用する 
wakaba@どじょっこ さん、こんばんわ。

奈良のはちみつやまです。はじめまして。

ひとつお聞きしたいのですが、消滅もしくは逃去した巣箱に蜜はどれくらい残っていたでしょうか?
ほぼほぼ、蜜が残っていなければ、蜜枯れの可能性はあるとおもいます。

>自宅周辺では、500m〜2kmずつ離れた所で5ヶ所(標高10〜50m)、30〜40km離れた所4ヶ所(標高50〜350m)で、1〜2群ずつ分散飼育しています。

この状況で蜜枯れは考えにくいですが、可能性としてはあります。今年は流蜜が少なかったそうなので。または他の方が巣箱を置かれているというのはないでしょうか?
また、巣箱が空になったとき、蜜蜂の幼虫がいましたでしょうか?
いなければ、計画逃去かとおもいますし、幼虫がいれば、急遽にげたともかんがられます。
原因は女王の産卵能力が落ちたか、とも考えられますし、突然女王が死んでしまったのかもしれません。蜜蜂が入居して1ヵ月後ぐらいに雄蜂が飛んでいなかったでしょうか?

今年つかまれられは群れは近親相姦の可能性はなかったでしょうか?
僕も数年前一箇所で3年ほど何度も同じ巣箱から分蜂した群れを飼っていて、すべて消滅しました。

群れの逃去、消滅の分析は、逃去した後の巣箱と入居する前の状況とを考えるのは大事かとおもいます。

ダニやウィルス、農薬の可能性は否定できませんが、それ以外の問題もあると思いますので細かく巣箱や蜜蜂の観察をもう一度されてはいかがでしょうか。



2014/09/17(Wed) 00:20 [ No.12986 ]

◆ 日よけは自然薯かカボチャ 投稿者:奈良すずめ  引用する 

7月ごろに撮影していた写真です。
蜂蜜山さんと一緒に置かせてもらっているのですが、
そろそろ、スズメバチ対策が必要ですね。



2014/09/04(Thu) 05:13 [ No.12966 ]
◇ Re: 日よけは自然薯かカボチャ 投稿者:霧島  引用する 

昨日、クマバチ(大スズメバチ)に巣門を占拠され、耐え切れなくなった一群が逃居していました。
入口は無残にもかじられ重箱の中はスムシの山。

8月20日見に行った時は何事も無く安心していたのがいけませんでした。
ウ〜ン・・・ハチ君御免ね。。。

春先の5月に巣をかけるスズメバチはトックリをひっくりかえした状態です。
この時は女王を含めて数匹程度なので駆除は簡単に出来ますが如何せん保護色に巣は見えるので見つけるのは容易にいきません。
今頃の時期になると爆発的に造巣を始め50センチを越える物も有ります。



2014/09/04(Thu) 08:33 [ No.12967 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278]

 (コメント数)
--- タイトル ---












 (0)
・無題