このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
[ 指定コメント (No.17350) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 寒〜いです! 投稿者:wakaba@どじょっこ  引用する 

皆様、ご無沙汰しています。冬ごもり中のどじょっこです。

今年になってから寒波がたびたび襲来し、庭先の飼育群も休眠状態。和蜂達は巣箱の中で「おしくらまんじゅう」しているのでしょうね。

寒すぎて当分は内検もできません。巣箱作りも気合いが入らず、コタツに潜り込んでいます。



2018/01/27(Sat) 10:53:28 [ No.17348 ]
◇ Re: 寒〜いです! 投稿者:wakaba@どじょっこ  引用する 

追記です。No.16792で捕獲した小群を、No.17110で状況報告して、その後も時折給餌しながら年末には強群になりました。

当地でもアカリンダニの被害が拡大し、越冬できそうな群は1/3程度となりそうです(SBV嵐は過ぎ去った感がありますが)。

年末に内検した写真を添付します。重箱4段にまとまっているので、春の分蜂が楽しみです。



2018/01/28(Sun) 18:47 [ No.17349 ]
◇ Re: 寒〜いです! 投稿者:  引用する 
wakaba@どじょっこさん!
こちらは蜂児出し症状に加えアカリンダニ症の発症が見られ最悪です。
しかしながら山に散らばっている蜂は居ますので何とか成りそうですが例年通りの分蜂はそう多く望めない状況です。

雪の中のこの群、立派に春を迎えられるでしょう。
4月が待ち遠しいですね。

2018/01/30(Tue) 20:19:23 [ No.17350 ]
◇ Re: 寒〜いです! 投稿者:wakaba@どじょっこ  引用する 
霧島様:お世話になります。

山陰では、この数年間は蜂児出し症状(主にSBVか?)が蔓延していました。しかし、昨年は突然に終息した感じです(感覚で言うのは学術・普遍的でなくてすみません)。

知合い数名の和蜂飼養者は、2013年〜2015年に激減。2016年に微増、2017年は2〜3倍に増加しています。衛生管理を徹底した事もありますが、蜂児出し症状はほとんど見られず、「強毒性インフルエンザ」は、毒性が低下したか抗体が発達したかとの憶測です。

私も昨年の分蜂・捕獲・駆除などで関わった35群の中で、子蜂児出しは1群のみでした。

その代わり、アカリンダニ症状はほぼ全群に感染しており、秋の採蜜時に重箱7〜8段まで増大した強群でも7群は消滅しました。今年は憎っくきアカリンダニ対策を重点的に実施する予定です。


2018/01/31(Wed) 20:27 [ No.17351 ]
◇ Re: 寒〜いです! 投稿者:奈良すずめ  引用する 
wakaba@どじょっこさん、おはようございます。
すごい雪ですね。
奈良も少し雪がふりましたが、ほとんど積もらずに融けました。

さて、毎日残業で忙しくしておりますが、
合間をみて新しくサイトを作り変えています。
進捗はボチボチですが、春までに出来上がればとおもいます。

2018/02/02(Fri) 06:13 [ No.17352 ]
◇ Re: 寒〜いです! 投稿者:wakaba@どじょっこ  引用する 
奈良すずめ様、霧島様:お世話になります。

>さて、毎日残業で忙しくしておりますが、
>合間をみて新しくサイトを作り変えています。

奈良すずめ様:新サイトは分蜂時期までの完成を期待していおります。

霧島様:No.16792の小群が、No.17110でアカリンダニ感染と推察し、ショートニングパテを給餌して回復した群です。自力で復活する群があると頼もしく思います。

できるだけ、化学的な療法はしたくないのですが、越冬体勢にできたのは15群、越冬できるのは7群程度と推察しています。

2018/02/02(Fri) 21:02 [ No.17353 ]

 (コメント数)
--- タイトル ---





 (8)
・貯蜜






 (5)
・無題



















 (0)
・無題